Research press release

ゴリラからヒトへ:新しい免疫不全ウイルスが見つかった

Nature Medicine

From gorilla to human: a new immunodeficiency virus found

ゴリラ由来の新しいヒト免疫不全ウイルス(HIV)の同定の報告が寄せられている。

J-C Plantierは、カメルーンの患者1人から新種のHIVを発見した。この新しいウイルスはゴリラに感染する既知のサル免疫不全ウイルス(SIV)に非常によく似ている。このゴリラ株は、ほかのHIV株やチンパンジーのSIVとの組み換えを起こした証拠は認められない。この新型HIVのヒト罹患率は、まだ判明していない。

今回の発見は、チンパンジーだけでなく、ゴリラもHIVの起源になる可能性を示している。この新しいHIV系統の発見によって、新しい変種のHIVの出現に対する監視の強化、特にHIVの既存系統の発祥地であるアフリカ中西部での強化の必要性が浮き彫りになった。

The existence of a new human immunodeficiency virus (HIV) derived from gorillas is reported in this week's Nature Medicine.

Jean-Christophe Plantier identified a new form of HIV in a patient from Cameroon. The new virus is closely related to the known gorilla simian immunodeficiency virus (SIV). This gorilla strand shows no evidence of recombination with other HIV strains or with chimpanzee SIV. The human prevalence of this new form of HIV remains to be determined.

These findings indicate that gorillas, in addition to chimpanzees, are likely sources of HIV. The discovery of this novel HIV lineage highlights the need to better monitor the emergence of new HIV variants, particularly in western central Africa from where existing HIV groups have originated.

doi: 10.1038/nm.2016

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度