Research press release

乳がんの新しい前駆体細胞集団

Nature Medicine

A new progenitor cell population in breast cancer

一部の乳がんは、変異した乳腺幹細胞から生じると考えられているが、新たな研究によって、乳管の内側を覆う管腔細胞もがんの前駆体細胞である可能性が明らかになった。

基底細胞様乳がんは、がん抑制タンパク質BRCA1の遺伝子に変異をもつ女性に発生する。J Visvaderたちは、正常なBRCA1遺伝子と変異BRCA1遺伝子を1個ずつもつ女性の正常な乳腺組織と前がん性組織から、細胞集団を区別して単離した。すると、BRCA1の変異をもつ女性の乳房組織では管腔細胞前駆体集団が拡大していることがわかった。遺伝子発現パターンの解析により、基底細胞乳がんのがん細胞は、幹細胞集団を含めたどの細胞集団の細胞よりも、管腔細胞前駆体に似ていた。

BRCA1の変異保有者の前がん性組織に異常に大きい管腔細胞前駆体集団が見つかったことから、この細胞が、この種の乳がんの治療標的として有望なことがはっきりした。

Some breast cancers are thought to arise from mammary stem cells that mutate, but a study published in this week's Nature Medicine indicates that luminal cells that line the mammary ducts may also be tumor progenitors.

Basal-like breast cancers arise in women carrying mutations in the gene encoding the tumor suppressor protein BRCA1. Jane Visvader and her colleagues isolated distinct cell populations from normal mammary tissue and pre-cancerous tissue from women who have one normal BRCA1 gene and one BRCA1 gene mutation. They found that breast tissue from BRCA1 mutation women harbors an expanded luminal progenitor population. Analysis of gene expression patterns showed that basal breast cancer tumor cells were more similar to the luminal progenitor cells than to any other cell type, including the stem cell population.

The discovery of an aberrant luminal progenitor population in pre-cancerous tissue from BRCA1 mutation carriers establishes these cells as a probable target population in the fight against such breast tumors.

doi: 10.1038/nm.2000

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度