Research press release

がんにおける繊毛の2つの役割

Nature Medicine

Cilia's dual role in cancer

繊毛は、腫瘍がどのように発生したかによって、腫瘍の増殖を促進したり、抑制したりすることが明らかになった。

一次繊毛は、多くの種類の細胞の表面から伸びている特殊な付属肢で、細胞シグナル伝達に関与すると考えられてきた。また、一次繊毛は、胎児の発生期において、ヘッジホッグタンパク質が仲介するシグナル伝達経路に対して極めて重要な働きをする。ヘッジホッグは、がんにも関与すると考えられてきたため、J Reiterの研究チームとA Alvarez-Buyllaの研究チームは、一次繊毛が腫瘍形成に寄与する可能性を調べた。

2つの研究チームは、基底細胞がんと髄芽種という2種類のがんを調べて、繊毛が、マウスにおける腫瘍形成を助長する場合と阻害する場合があることをそれぞれ独自に発見した。もしHedgehogの活性化因子として有名なSmoothenedの発現によって腫瘍が発生した場合には、繊毛を除去すると、腫瘍形成は抑制された。しかし、Hedgehogの下流で働くGli2分子の発現によって腫瘍が発生した場合には、繊毛を除去すると、腫瘍の増殖が促進された。

以上のデータは、がんとの関係で、繊毛が2つの役割を果たすという意外な結果を明らかにした。繊毛の役割をさらに解析すれば、腫瘍の発生と治療に関する理解が深まると思われる。

Cilia can promote or suppress tumor growth, depending on the nature of the tumor-initiating event, as reported by two studies in this week's Nature Medicine.

Primary cilia are specialized appendages that extend from the surface of many cell types and have been implicated in cell signaling. They are crucial during fetal development for signaling pathways mediated by a protein known as Hedgehog. As Hedgehog has also been implicated in cancers, Jeremy Reiter, Arturo Alvarez-Buylla and their respective colleagues explored the possible contribution of primary cilia to tumor formation.

Studying two types of cancer, basal cell carcinoma and medulloblastoma, the two groups independently found that cilia could favor or inhibit tumor formation in mice. If the tumor was triggered by the expression of Smoothened, a well-known activator of Hedgehog, removal of cilia blocked tumor formation. But if the tumor was initiated by the expression of Gli2, a molecule downstream of Hedgehog, then removal of cilia accelerated tumor growth.

These data disclose an unexpected dual role of cilia on cancer. Further analysis of their role may lead to better understanding of tumor development and treatment.

doi: 10.1038/nm.2011

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度