Research press release

肥満の免疫学

Nature Medicine

The immunology of obesity

肥満患者の脂肪組織に起こった慢性の軽度の炎症が糖尿病の発症を促進するしくみの説明になりそうな報告がいくつか寄せられている。

最初の3つの報告は、西村智、M Dosch、D Mathisの各グループのもので、それぞれが独自に、肥満マウスにみられるインスリン抵抗性などの代謝障害に、異なったT細胞集団の存在が関係することを発見した。4つ目の報告はG-P Shiのグループのもので、マスト細胞(アレルギー反応に広くかかわる免疫細胞)が、肥満に関連した炎症反応にも同様にかかわることを明らかにした。

重要なことだが、これら4つの研究では、これらの異なった免疫細胞集団を標的にすれば、肥満マウスの代謝障害を回復させたり防いだりできることを証明している。これらの結果は、代謝疾患を免疫療法で治療できる可能性を示している。

The potential mechanism by which chronic, mild inflammation of fat tissue in obese patients promotes the onset of diabetes, is reported in a series of studies published online in this week's Nature Medicine.

In the first three studies, Satoshi Nishimura, Michael Dosch, Diane Mathis and their colleagues independently found that the presence of different populations of T cells is associated with insulin resistance as well as other metabolic disturbances seen in obese mice. In the fourth paper, Guo-Ping Shi and his colleagues established that mast cells ― immune cells commonly involved in allergic responses ― are similarly involved in obesity-related inflammatory responses.

Crucially, the four studies present evidence that targeting each of these different populations of immune cells reversed or prevented the metabolic dysfunction of the obese mice. These results raise the possibility of eventually treating metabolic disease with immunotherapy.

doi: 10.1038/nm.1964

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度