Research press release

グリオーマ(神経膠腫)に伴う浮腫を抑える

Nature Medicine

Fighting glioma-associated edema

グルタミン酸輸送を阻害することによって、脳での過剰な液体の蓄積を防いで延命することができるかもしれない。グリオーマのマウスモデルでの研究で、グリオーマに関連した死亡を減らせる可能性のある新しい方法が示された。

ニューロンの死と脳浮腫は、ヒトの悪性脳腫瘍の特徴である。I Eyupogluたちは、マウスの生体内でグルタミン酸輸送体xCTを薬物や遺伝的手法によって阻害すると、神経の変性が止まり、浮腫が抑えられ、生存期間が長くなることを明らかにした。

Excessive accumulation of fluid in the brain can be prevented by inhibiting glutamate transport to prolong survival. Online this week in Nature Medicine, scientists describe a mouse model of glioma, and point to a potential new way of reducing the mortality associated with these types of tumours.

Neuronal death and brain edema are hallmarks of human malignant brain tumours. Ilker Ey?poglu and his colleagues now show that inhibiting the glutamate transporter xCT by pharmacological or genetic means in vivo blocks neurodegeneration, reduces edema and prolongs survival in mice.

doi: 10.1038/nm1772

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度