Research press release

肺線維症との戦い

Nature Medicine

Fighting fibrosis

肺線維症の治療を目指す薬剤にとっての新たな標的候補が見つかった。

NADPHオキシダーゼ(NOX)は、フリーラジカルの産生を触媒する酵素である。このフリーラジカルには、病原体やその有害な影響(例えば細胞死の誘導)と戦うといった有益な作用があると考えられている。

V Thannickalたちは、NOXの一種であるNOX-4が肺線維症において果たす役割について報告している。それによれば、NOX-4は、線維症の特徴である筋線維芽細胞の分化と、細胞外マトリックスの産生を誘導する過酸化水素の発生に必要なことがわかった。NOX-4は、肺線維症患者の肺で発現が増加する。また、NOX-4に遺伝子操作を加えたり、NOX-4を標的とする薬剤を用いたりしたところ、肺線維症のマウスモデル2匹において、線維症の予防効果が見られた。

これらの知見は、NOX-4が肺線維症において何らかの役割を果たしていることを裏付けており、現状では治療法のない肺線維症においてNOX-4を治療標的とする糸口となる。

A potential new target for drugs aiming to treat lung fibrosis is reported in this week's Nature Medicine.

NADPH oxidases (NOX)are enzymes that catalyze the production of?free radicals.The free radicals may have beneficial effects, such as fighting pathogens, or deleterious consequences, such as triggering cell death.

Victor Thannickal and his colleagues report a role for one type of NOX called NOX-4 in lung fibrosis. They found that NOX-4 is necessary for the generation of hydrogen peroxide, which triggers myofibroblast differentiation and extracellular matrix production, both hallmarks of fibrosis. NOX-4 is up-regulated in the lungs of patients with lung fibrosis. Moreover, genetic and pharmacologic targeting of NOX-4 prevented fibrosis in two mouse models of this disease.

These findings support a role for NOX-4 in tissue fibrosis and provide a starting point for therapeutic targeting of NOX-4 in lung fibrosis, a disease for which there is no available treatment.

doi: 10.1038/nm.2005

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度