Research press release

結核薬の後押し

Nature Medicine

Antituberculosis boosters

結核治療に用いる抗生物質の効果を高める分子が開発された。この新しい「ブースター」薬を利用すれば、既存の抗結核薬の投与量を少なくしても、感染と闘う上で従来の高投与量治療と同じくらいの効果が得られるという。

現在の結核治療薬には副作用があり、服薬不履行の危険性が高く、薬剤耐性菌の出現につながる。

いくつかの抗結核薬は、代謝による活性化を受けて初めて、結核菌に対する殺菌作用をもつようになる。結核の第二選択薬であるエチオナミドなどといった薬は、EthAとよばれる細菌酵素によって活性化される。EthAの生産は、EthRとよばれる転写抑制因子によって制御される。

A Baulardたちは、培養中でのエチオナミドの代謝活性化を10倍以上促進するEthR阻害剤を設計した。結核菌を感染させたマウスで調べたところ、これらの阻害剤の1つを利用すると、少量のエチオナミドを投与しても、従来通りの高投与量治療と同等の感染抑制効果がみられた。この新しいEthR阻害剤がもつ促進効果をきっかけに、エチオナミドや類似化合物を結核に対する第一選択薬として見直す動きが出てくるだろう。

Scientists have developed molecules for boosting the efficiency of an antibiotic used to treat tuberculosis, according to research published online this week in Nature Medicine. These new 'booster' drugs enable a small dose of an existing antituberculosis agent to work as well as conventional high dose treatment to fight off the infection.

Current tuberculosis therapy has side effects, which lead to a high risk of noncompliance with the treatment and to the emergence of drug-resistant bacteria.

Several antituberculosis compounds require metabolic activation before they can kill the bacteria. Drugs such as ethionamide, a second-line anti-tuberculosis compound, are activated by a bacterial enzyme known as EthA. The production of EthA is in turn controlled by a transcriptional repressor dubbed EthR.

Alain Baulard and colleagues designed inhibitors of EthR that boost the metabolic activation of ethionamide more than an order of magnitude in culture. In mice infected with tuberculosis, one of these inhibitors enabled a small dose of ethionamide to lessen the infection as efficiently as the conventional high-dose treatment. Owing to their boosting effect, the new inhibitors should prompt reconsideration of the use of ethionamide and related compounds as first-line anti-tuberculosis drugs.

doi: 10.1038/nm.1950

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度