Research press release

遺伝子導入が、サルをSIV感染から守る

Nature Medicine

Gene transfer protects monkeys against SIV infection

サルの筋肉に抗体をコードする遺伝子を導入すると、サル免疫不全ウイルス(SIV)感染が防げるとの報告が寄せられている。

HIVに対し幅広い中和活性をもち持続性のある抗体を誘導する方法が見つかれば、ワクチン開発にとっては画期的なできごとだが、この点ではほとんど進展がみられない。Philip Johnsonたちは、SIV霊長類モデルを用いて別の方法を試みた。あらかじめSIVに対する特異性をもつとわかっている抗体の遺伝子を導入したのである。この方法では、遺伝子を筋肉に導入すると抗体が生産され、これが血流に乗って運ばれ、SIVを標的として特異的に作用する。

この戦略を用いて、マカクザルの血清に長期にわたって中和活性を誘導したところ、毒性をもつSIVを静脈注射しても、感染がまったく起こらなかった。この方法は、HIVワクチンに代わる予防方法として有望かもしれない。

Delivering an antibody-coding gene to the muscle of monkeys protects themagainst the infection simian immunodeficiency virus (SIV), according to research published online this week in Nature Medicine.

Finding a way to elicit persisting antibodies with broad neutralizingactivity against HIV would be a major breakthrough for vaccine development,but progress on this front has been very scarce. Using the SIV primatemodel, Philip Johnson and his colleagues have taken a different approach:delivery of a gene that expresses antibodies with predetermined SIV specificity. With this approach, the muscle that the gene is delivered to produces antibodies that passively travel to the bloodstream and specifically target SIV.

With this strategy, the team elicited long-lasting neutralizing activity in the serum of macaques, leading to complete protection against intravenous challenge with virulent SIV. This approach could hold promise as an alternative approach to an HIV vaccine.

doi: 10.1038/nm.1967

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度