Research press release

ヒト胚に高い頻度でみられる染色体不安定性

Nature Medicine

High rate of chromosomal instability in human embryos

ヒトの初期胚では異常な染色体構造がごく普通に存在するとの報告が寄せられている。初期胚に高い頻度で染色体不安定がみられることが、ヒトの受精率が比較的低く、予想以上に流産率が高いことの原因かもしれない。

染色体の不安定性の特徴は、染色体の全体あるいは一部の重複、欠失、転座である。J Vermeeschたちは、体外受精による若い女性由来の初期胚23個のゲノムを解析し、そのうち完全に正常な染色体をもつものは2個にすぎないことを発見した。それ以外の21個の胚で見つかった染色体の変化は、細胞分裂時に起こった異常による可能性が高い。

Abnormal chromosome structure in early human embryos is quite common, according to a report online this week in Nature Medicine. This high rate of chromosomal instability in early embryos could account for the relatively low fertility rate, and higher than expected miscarriage rate, in humans.

Chromosomal instability is characterized by duplications, deletions, or translocations of whole chromosomes, or of pieces of chromosomes. Joris Vermeesch and colleagues analyzed the genome of 23 early embryos from young women who were undergoing in vitro fertilization, and found that only 2 of them had chromosomes that were completely normal. The chromosomal alterations that the researchers identified in the other 21 embryos were likely due to errors that arose during cell division.

doi: 10.1038/nm.1924

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度