Research press release

C型肝炎感染に必要な新しい因子

Nature Medicine

New factor required for hepatitis C infection

脂質代謝に重要な酵素DGAT1が、C型肝炎の感染に必要であり、抗ウイルス治療の新しい標的になる可能性があることが明らかになった。

C型肝炎ウイルス(HCV)感染者は1億6000万人を超え、多くの場合、感染が重い肝臓病につながる。C型肝炎は、肝細胞での脂質代謝と密接に関連している。

M Ottたちは、HCV感染に重要な宿主側の因子として、脂質合成酵素DGAT1を同定した。DGAT1はウイルスに結合し、これがウイルスをヒト細胞の脂肪滴へと運ぶのに必要である。DGAT1の活性を阻害するとウイルスの生産が強く阻害されることから、DGAT1が治療標的になる可能性が示唆される。

An article in this week’s Nature Medicine reports that the enzyme DGAT1 — important for the metabolism of lipids — is necessary for hepatitis C infection and could be a new target for antiviral therapy.

Over 160 million people are infected with hepatitis C virus (HCV), and infection can lead to severe liver disease in many cases. Hepatitis C infection is closely linked to fat metabolism in liver cells.

Melanie Ott and her team have identified the lipid-synthesizing enzyme DGAT1 as a key host factor for HCV infection. DGAT1 interacts with the virus and is required for its trafficking to lipid droplets in human cells. Inhibition of DGAT1 activity severely impairs viral production, implicating DGAT1 as a potential therapeutic target.

doi: 10.1038/nm.2238

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度