Research press release

脳損傷とアルツハイマー病の関連性

Nature Medicine

A brain trauma?Alzheimer’s disease connection

アルツハイマー病に関係する2種類の酵素が、外傷性脳損傷にもかかわっている可能性があるという。

βアミロイドペプチドはアルツハイマー病の病変に特徴的にみられるが、ヒトの外傷性脳損傷の後にも、これが急激に蓄積する。M Burnsたちは、βアミロイドの生成に必要な酵素、βセクレターゼとγセクレターゼのどちらか一方を阻害すると、実験的に脳損傷を負わせたマウスで、運動と行動の異常が軽減され、ニューロンの減少が抑えられた。

この2種類のセクレターゼは、アルツハイマー病と闘うために盛んに研究されているが、外傷性脳損傷の治療の標的としても有望かもしれない。

Two enzymes implicated in Alzheimer’s disease may also have a role in traumatic brain injury, according to research online this week in Nature Medicine.

Amyloid-beta peptides, pathological hallmarks of Alzheimer’s disease, accumulate rapidly after traumatic brain injury in humans. Mark Burns and his colleagues now show that blocking either beta- or gamma-secretase, enzymes required for production of Amyloid-beta, can reduce deficits in movement and behavior and reduce neuronal loss after experimentally inflicted brain injury in mice.

The authors propose that these two secretases, which are being actively pursued in the fight against Alzheimer’s disease, could also be promising targets to treat traumatic brain injury.

doi: 10.1038/nm.1940

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度