Research press release

腫瘍の予想外の成長

Nature Medicine

Unexpected tumour growth?

血管形成阻害剤は抗癌剤として研究されてきたが、低用量の場合には、実際にマウスの血管形成と腫瘍形成を促す可能性があるという。この知見から、抗癌剤としての血管形成阻害剤を再評価し、ヒトに用いた場合の影響を見直す必要が出てきた。

インテグリンは細胞の形態、運動性を決め、細胞周期を調節する細胞表面受容体で、その阻害剤には、血管新生の阻害活性を利用した抗がん剤としてすでに臨床試験に入っているものもあるが、限られた効果しか挙げられていない。A Reynolds、K Hodivala-Dilkeたちは、低濃度のインテグリン阻害剤が、ある特殊なインテグリンとあるよく知られた血管新生促進分子の輸送を変化させることによって、逆に腫瘍の成長と腫瘍の血管新生を促すことを明らかにした。

Blood vessel Inhibitors have been pursued as anticancer agents, but in low doses they may actually promote blood-vessel formation and tumour growth in mice. The results, published online in Nature Medicine this week, call for a reassessment of these inhibitors as anticancer agents, with implications for their potential use in humans.

Certain inhibitors of integrins ― cell surface receptors that define cellular shape, mobility, and regulate the cell cycle ― have entered clinical trials as agents for cancer treatment, owing to their ability to prevent angiogenesis (blood-vessel growth), but their success has been limited. Andrew Reynolds, Kairbaan Hodivala-Dilke and their colleagues show that low concentrations of integrin inhibitors can paradoxically stimulate tumour growth and tumour angiogenesis by altering the trafficking of one specific integrin and of a well known proangiogenic molecule.

doi: 10.1038/nm.1941

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度