Research press release

関節炎の薬が、腎臓病にも効果

Nature Medicine

Arthritis drug may help combat kidney disease

関節リウマチの治療に現在使われている薬の1つが、遺伝性の腎臓病患者の治療にも利用できる可能性があるという。

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)は腎臓に嚢胞が形成されるのが特徴の病気で、原因はポリシスチン-1とポリシスチン-2というタンパク質の遺伝子の変異である。R Liたちは、ADPKD患者の嚢胞液中に存在する炎症誘発性シグナルタンパク質、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)が、細胞膜と一次繊毛へのポリシスチン-2の蓄積を阻害することを明らかにした。

嚢胞の生じやすいマウスにTNF-αを投与すると、ポリシスチン-2遺伝子の変異のために、病気の程度がひどくなる。これとは対照的に、同じマウスに関節リウマチの治療に使われるTNF-α阻害剤エタネルセプトを投与すると、嚢胞の形成が抑えられた。

これらのデータから、TNF-α、ポリシスチン、嚢胞形成を結ぶ経路が明らかになり、エタネルセプトがADPKD患者の治療に役立つ可能性が示唆される。

A drug currently used to treat rheumatoid arthritis could be used to treat people with a genetic kidney disease reports a study published online this week in Nature Medicine.

Autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD), a condition characterized by the formation of cysts in the kidneys, is caused by mutations in the genes that encode the proteins polycystin-1 and -2. Rong Li and colleagues show that tumour necrosis factor-alpha (TNF-alpha), an inflammatory signalling protein present in the cystic fluid of humans with ADPKD, disrupts the accumulation of polycystin-2 to the cell membrane and primary cilia.

Giving TNF-alpha to mice susceptible to developing cysts, owing a mutation in the gene coding for polycystin-2, resulted in the intensification of disease. By contrast, treatment of the same mice with the TNF-alpha inhibitor etanercept, which is used to treat rheumatoid arthritis, prevented cyst formation.

These data reveal a pathway connecting TNF-alpha, the polycystins and cystogenesis, and suggest that etanercept might be useful to treat people with ADPKD.

doi: 10.1038/nm1783

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度