Research press release

ワクチンの謎を解明

Nature Medicine

Vaccine mystery solved

1960年代のことだが、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)に対するワクチンを子供に接種しても、不思議なことに保護作用を示すどころか、かえって病気が悪化した。この謎が、40年経ってようやく解き明かされた。

RSVは細気管支炎を引き起こすウイルスで、世界的に乳幼児の入院の大きな原因の1つとなっている。40年以上も前に、ホルマリンで不活性化したRSVワクチンを用いた乳幼児の予防接種が試みられたが、ウイルスに対する免疫力はつかず、感染がかえって重症化した。このワクチンがうまく機能しなかったのは、ホルマリンによって防御抗原(ウイルスの一部分で、防御抗体の生産を引き起こす)が破壊されたからだと、これまで広く考えられてきた。

F Polackたちは、ウイルスに対する防御効果が得られなかったのは、防御抗原に対する抗体の親和性が低かったためであることを明らかにした。病原体検出に重要な役割を果たす免疫分子、Toll様受容体(TLR)への刺激が乏しいために、抗体の成熟がうまく起こらなかったのである。機能しなかったワクチンと一緒にTLR活性化因子をマウスに接種したところ、RSVに対する防御効果が得られた。

この研究によって、40年間もRSVワクチン開発を阻んできた、問題の不活化ワクチンが保護作用を示さなかった理由が説明され、TLRアゴニストを加えたRSV不活化ワクチンを作れば効果的なワクチンになる可能性があることもわかった。また、親和性の成熟が乳幼児の安全な免疫化のカギとなることが明らかになった。

In the 1960s, a vaccine against the respiratory syncytial virus (RSV) mysteriously failed to protect children and even made the disease worse. An article in Nature Medicine this week reports data that explain this mystery 40 years later.

RSV?the agent that causes bronchiolitis?is a leading cause of hospitalization in infants worldwide. Over 40 years ago, a formalin-inactivated RSV vaccine was used to immunize children, but it failed to provide protection from the virus and even led to severe disease. A widely accepted explanation for the vaccine’s failure was that formalin disrupted protective antigens?portions of the virus that should have induced the production of protective antibodies.

Fernando Polack and his colleagues now show that the lack of protection was due instead to low antibody affinity for the protective antigens. The maturation of the antibodies was impaired by poor stimulation of Toll-like receptors (TLRs)?immune molecules key for the detection of pathogens. When the authors gave a TLR activator together with a failed vaccine to mice, the mixture provided protection from RSV.

The study explains why the inactivated vaccine did not protect the children, hampering RSV vaccine development for four decades. It also suggests that inactivated RSV vaccines may be rendered effective by inclusion of TLR agonists in their formulation, and it identifies affinity maturation as a key factor for the safe immunization of infants.

doi: 10.1038/nm.1894

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度