Research press release

がんの特徴に着目

Nature Medicine

Seeing cancer specifics

生きたがん細胞での選択的分子イメージングを可能にする蛍光プローブの報告が寄せられている。この方法は正常細胞由来の「ノイズ」を減少させるもので、他のがん特異的分子にも応用できる可能性がある。

がんの診断の目指すゴールの1つは、十分な特異性と感度を備えた画像化技術の開発である。そのためには、正常組織からの背景シグナルをできるだけ少なくすることが重要である。東京大学の浦野泰照たちは、体内でがんを極めて特異的に可視化することに成功した。彼らが開発したプローブは、細胞内に入ると、リソソームとよばれる細胞内区画に特徴である酸性側へのpH変化を感知して、蛍光を発するようになる。このpH活性化プローブにがんを標的とする抗体を結合させたところ、マウスの肺がん細胞を実際にうまく画像化できることがわかった。

このプローブは、背景シグナルが極めて少なく、がん細胞に対する特異性が非常に高かった。また、死にかけた細胞や死んだ細胞ではリソソームのPHは酸性を示さなくなるので、生きたがん細胞だけがうまく検出された。今回開発された方法は、がん細胞の表面を特異的な標的とし、リソソームを介して細胞内に入る分子なら、原理的にどのようなものにでも応用が可能である。

Fluorescence probes capable of selective molecular imaging of living cancer cells are reported in a paper online this week in Nature Medicine. The method reduces ‘noise’ from healthy cells and could potentially be adapted to other cancer specific molecules.

A goal of cancer diagnosis is to develop tumour-imaging techniques that have sufficient specificity and sensitivity. To achieve this, minimizing the background signal from healthy tissues is crucial. Yasuteru Urano and his colleagues achieve highly specific cancer visualization within the body by developing a probe that becomes fluorescent after its entry into the cell by sensing the acidic pH change characteristic of a certain part of the cell, known as lysosomes. The authors attached their pH-activated probe to a cancer-targeting antibody and showed that it was useful to image lung cancer cells in mice.

The probe was highly specific for tumours with minimal background signal. Furthermore, because the acidic pH in lysosomes disappears in dying or dead cells, only living cancer cells were successfully visualized. The design concept developed in this paper can in principle be adapted to any cancer-specific, cell surface?targeting molecule that enters a cell through lysosomes.

doi: 10.1038/nm.1854

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度