Research press release

ガラテアに命を

Nature Medicine

Bringing Galatea to life?

軟部組織が骨に変化する異所性骨化を進行させる鍵の1つは炎症らしい。病気にかかわる遺伝子のタンパク質産物の阻害剤に、ある程度の治療効果があることも明らかになり、この悲惨な病気の治療に希望がみえてきた。

古代の神話ピグマリオンでは彫像が生命を得て動き出したが、これとは逆に異所性骨化では、患者の線維性組織が「骨化」し、固く動きにくくなる。異所性骨化のみられる主な病気の1つが進行性骨化性線維異形成症(FOP)で、その約98%は、ある特異的骨形成タンパク質受容体の変異が原因である。

ヒトの場合と同じ変異をもったFOPマウスモデルはまだ作られていないが、P Yuたちは、原因となる変異型に類似した変異受容体を発現させることによって、一般的症状のマウスモデルを開発した。この病気を引き起こすには、単にこのタンパク質受容体の変異型を発現するだけでは不十分で、ほかに炎症刺激も必要なことが判明した。また、炎症をグルココルチコイドで抑えるという臨床でよく用いられる治療法が、このモデルの異所性骨化の発生を減少させることもわかった。

重要なことだが、このタンパク質受容体を阻害する低分子化合物も、同様に病気の進行を抑制する。グルココルチコイドの長期投与は深刻な副作用を引き起こすので、受容体阻害は画期的な治療法になる可能性がある。ただし、ヒトでの臨床試験の検討に至るまでにはもっと多くの研究を重ねる必要があると、Yuたちは述べている。

Inflammation is a key step in the progression of heterotopic ossification ? where soft tissue turns into bone ? according to research in Nature Medicine this week. The study shows that an inhibitor of the disease gene’s protein product is partially therapeutic, and therefore offers hope for this devastating condition.

In a reverse of the ancient myth of Pygmalion, where a statue comes to life, sufferers of heterotopic ossification have their fibrous tissue ‘ossified’ ? in effect, turning the patients into statues. A major form of heterotopic ossification is fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP), which in about 98% of cases results from a mutation in a specific bone morphogenetic protein receptor.

A mouse model of FOP involving the same mutation found in people has yet to be made, but Paul Yu and colleagues have now developed a mouse model of the general phenomenon by expressing a related version of the mutated receptor. They found that just expressing the mutant version of the protein receptor was not sufficient to cause the disease ? an inflammatory stimulus was also needed. Yu’s team also show that inhibiting inflammation with glucocorticoids?a treatment commonly used in the clinic?helps reduce the incidence of heterotopic ossification in their model.

Importantly, the authors also show that a small molecule inhibitor of the protein receptor likewise reduced the incidence of disease progression. This form of treatment represents a potential breakthrough, as long-term use of glucocorticoids causes severe side-effects. The authors caution, however, that much more research is needed before the drug could be considered for human trials.

doi: 10.1038/nm.1888

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度