Research press release

裏返しの抗ウイルス剤

Nature Medicine

Inside-out antivirals

細胞膜の内側に通常存在する特定の脂質分子を標的にすることが、ウイルス性疾患の治療法になる可能性があるとの報告が寄せられている。

個々のウイルスを標的にするのではなく、感染細胞上に広く発現される分子を標的にするという方法をとれば、多種類のウイルスに対抗できる治療法が実現するかもしれない。P Thorpeたちは、ウイルスの複製の際に起こる出来事、例えば感染細胞が死ぬ直前に起こる変化によって、通常なら細胞膜の内側表面に存在するリン脂質が細胞外に露出する可能性があると考えた。

そこで、ピチンデウイルスが感染した細胞に、露出する可能性のあるリン脂質分子を標的とする特異的抗体バビツキシマブを投与して調べた。ピチンデウイルスは、生物テロに利用される恐れのあるラッサ熱ウイルスのモデルとして使われている。その結果、感染によってリン脂質が露出すること、バビツキシマブ投与によってラッサ熱ウイルスが致命的感染したモルモットが回復することがわかった。また、サイトメガロウイルスが致命的感染したマウスでも、バビツキシマブによる同様の治療効果が認められた。これらの結果は、抗ウイルス薬開発の新戦略を示している。

Targeting specific fat molecules normally found on the inside of the cell membrane could be a therapeutic strategy against viral diseases, reports a paper published online this week in Nature Medicine.

Therapies against multiple classes of viruses might be achieved by targeting molecules that are widely expressed on infected cells, as opposed to targeting individual viruses. Philip Thorpe and colleagues reasoned that events occurring during virus replication ? for example, changes immediately before an infected cell dies ? might lead to the extracellular exposure of fat molecules, known as phospholipids, that are normally on the inner surface of the cell membrane.

The team used a specific antibody, bavituximab, to target these potentially exposed molecules in cells infected with Pichinde virus. This virus is used as a model for Lassa fever virus ? a potential bioterrorism agent. They found that infection led to the exposure of phospholipids, and that bavituximab treatment cured guinea pigs lethally infected with the virus. The authors found a similar therapeutic effect of bavituximab in mice with lethal cytomegalovirus infections. These results represent a new strategy for the generation of antiviral agents.

doi: 10.1038/nm.1885

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度