Research press release

肝臓がんの治療に腫瘍細胞を殺すウイルスが有望

Nature Medicine

Cancer killing virus shows promise for liver cancer

JX-594ウイルスに、進行肝癌患者に感染して腫瘍細胞を殺す、用量依存的な治療効果があるとの報告が寄せられている。

JX-594はワクシニアウイルスを改変したもので、David Kimたちは、これを用いて第1相臨床試験(初めての投与量設定試験)を行い、このウイルスで抗腫瘍免疫応答を誘導できることを証明した。このウイルスを高用量投与した肝細胞がん(HCC)患者の平均生存期間は、低用量投与群が6.7か月であるのに比べ、14.1か月になることがわかった。

これらは新しいがんの治療方法として期待を抱かせる結果だが、プラセボ群を対象にしたもっと大規模な臨床試験で確認する必要があり、また、JX-594の防御効果の機序を完全に解明するには、さらなる研究が必要だろう。

Evidence of a dose dependent therapeutic effect from the JX-594 virus that infects and kills tumor cells in patients with advanced liver cancer is reported in a study published online this week in Nature Medicine.

JX-594 is a modified vaccinia virus. While Phase 1 studies had been performed using the virus, David Kirn and colleagues report the first dose-finding study of JX-594 and evidence that it can induce antitumor immune responses. The authors found that for patients with hepatocellular carcinoma (HCC) that received the high dose of virus, median survival was 14.1 months, compared with 6.7 months for patients receiving the low dose arm.

These results must be confirmed in larger placebo controlled trials and further studies will be necessary to fully ascertain the mechanisms of protective efficacy of JX-594, though these results do offer hope for a new approach to tumor treatment.

doi: 10.1038/nm.3089

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度