Research press release

脳卒中の治療の改善

Nature Medicine

Improving stroke therapy

血栓を「溶解する」酵素がかかわって、有害な出血を引き起こす仕組みが明らかになった。血栓が引き起こす脳卒中は、血栓を「溶かす」組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)を使って治療できるが、これによって脳出血という厄介な副作用が生じることがある。

    D Lawrenceたちは、tPAを脳内に注射すると脳の血管の透過性が高まることを明らかにした。これは、血小板由来増殖因子-CC(PDGF-CC)と呼ばれる分子が活性化されるからで、PDGF-CCを注射すると血管に対してtPAと同様の作用を示した。一方、PDGF-CCに対する抗体をtPAと同時に注射すると、血管の透過性の上昇が抑えられた。

    またLawrenceたちは、PDGF-CCのこの作用が、脳血管の内壁を覆う細胞に存在するPDGF-α受容体の活性化に依存していることも発見した。PDGF-α受容体のアンタゴニストで、ある種の血液癌の治療に使われるイマチニブ(グリーベック)をマウスに投与すると、脳卒中後のtPA投与にともなう脳血管の透過性上昇が抑えられ、脳出血が減少する。

    これらの結果から、PDGF情報伝達系が血液脳関門の調節に関与していることがわかり、イマチニブが、脳卒中後のtPA投与によって起こる合併症を防ぐ薬になる可能性が示唆される。

The mechanism that may cause the undesirable bleeding associated with blood clot ‘dissolving’ enzymes is described in a paper published online this week in Nature Medicine.

    Cases of stroke caused by blood clots can be treated with tissue plasminogen activator (tPA), which ‘dissolves’ the clot but they can also lead to the nasty side effect of cerebral bleeding.

Daniel Lawrence and colleagues report that an intracerebral injection of tPA increases the permeability of cerebral blood vessels by activating a molecule known as platelet-derived growth factor-CC (PDGF-CC). Injection of PDGF-CC has an effect on blood vessels similar to that of tPA, whereas co-injection of antibodies against PDGF-CC blocks the increased permeability caused by tPA.

The authors also found that the effects of PDGF-CC depend on the activation of PDGF-alpha receptors present on brain cells lining the blood vessels. The treatment of mice with the PDGF-alpha receptor antagonist imatinib (Gleevec), which is clinically used to treat certain blood cancers, reduces vascular permeability and the hemorrhagic complications of tPA administration after stroke.

These results reveal a role for PDGF signaling in the regulation of the blood-brain barrier and identify imatinib as a potential drug to reduce the complications associated with the use of tPA in stroke.

doi: 10.1038/nm1787

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度