Research press release

炎症を標的にする治療でアルツハイマー病が改善

Nature Medicine

Targeting inflammation improves Alzheimer's disease

特異的な炎症誘発性細胞情報伝達タンパク質(IL-12/23p40とよばれる)を標的とする抗体は、乾癬の治療に利用されているが、この抗体がアルツハイマー病(AD)のマウスモデルにも薬効を示すことが明らかになった。

炎症の悪化は、アルツハイマー病の原因であり、結果でもあると考えられている。炎症誘発性細胞情報伝達タンパク質(すなわちサイトカイン)であるインターロイキン-12(IL-12)とIl-23(どちらもIL-12/23p40というサブユニットをもつ)は自己免疫疾患を引き起こすが、ADの発症にかかわっているかどうかは明らかになっていない。

Frank L Heppner、Burkhard Becherたちは、脳のニューロンではない常在細胞(神経膠細胞と呼ばれる)がIL-12、IL-23や共通するサブユニットIL-12/23p40を放出していること、人為的にADを発症させたマウスの脳ではこれらの濃度が上昇してることを発見した。これらのサイトカインやこれらに共通する受容体のいずれかが欠失したマウスでは、ADに似た症状が軽減される。治療として、病気の初期に、あるいは病気の確定後に、共通するサブユニットIL-12/23p40に特異的なマウス抗体を投与すると症状が緩和し、認知課題において記憶が改善する。

また、AD患者の脳脊髄液中のIL-12/23p40レベルと認識能力の間に相関が認められるというデータからも、今回の知見は臨床的に重要性が高いと考えられる。

A class of antibodies that target a specific pro-inflammatory cell-signaling protein (termed IL-12/23p40) and are used to treat psoriasis also show beneficial effects in mouse models of Alzheimer's disease (AD), according to a study published online this week in Nature Medicine.

Increased inflammation is thought to be both a cause and consequence of Alzheimer's disease. Although the pro-inflammatory cell-signaling proteins (or, cytokines) interleukin-12 (IL-12) and IL-23-both of which share the subunit IL-12/23p40-drive autoimmune diseases, it remains unclear whether they contribute to AD pathogenesis.

Frank L. Heppner, Burkhard Becher, and colleagues found that IL-12, IL-23 and the shared subunit IL-12/23p40 are released by non-neuronal resident cells of the brain, called glia, and are detected at elevated levels in the brains of mice engineered to develop AD. Mice lacking each of these cytokines or a shared receptor show reduced AD-like pathology. Therapeutically, when the authors gave the mice antibodies specific for the shared IL-12/23p40 subunit either early on or after disease is established, they found that there was reduced pathology and improved memory in cognitive tasks.

Moreover, the clinical relevance of these findings is bolstered by data from individuals with AD, showing a correlation between IL-12/23p40 levels in the cerebrospinal fluid and cognitive performance.

doi: 10.1038/nm.2965

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度