Research press release

神経膠芽腫に由来する血液中の微小胞の分類

Nature Medicine

Glioblastoma microvesicles typing in blood

神経膠芽腫から放出される血液中の微小胞を同定することによって、治療に対する腫瘍の反応を監視する技術の報告が寄せられている。

Ralph Weisslederたちが開発したのは、微小流体チップを使って微小胞(主としてエキソソーム)内のタンパク質を高感度で鑑定する方法である。この方法では、標識するのにナノ粒子を、検出には小型化した核磁気共鳴装置を利用する。Weisslederたちは、この方法によって腫瘍由来の微小胞と正常細胞由来の微小胞が区別できることを、培養神経膠芽腫細胞と神経膠芽腫患者由来の血液を用いて明らかにした。

この方法は、治療の効果の継続的観察や、原発腫瘍の変異、治療によって誘発された腫瘍細胞の変異を調べるのに利用できる可能性がある。

A technology that can monitor gliobastoma response to therapy through the identification of tumor-released microvesicles in blood is reported in a paper published in Nature Medicine this week.

Ralph Weissleder and colleagues describe a sensitive technique that uses a microfluidic microchip for profiling proteins in microvesicles, which consist mostly of exosomes. The authors used both glioblastoma cell cultures and blood from patients with gioblastoma to show that the technique, which utilizes nanoparticles for labeling and a miniaturized nuclear magnetic resonance system for detection, can differentiate tumor-derived microvesicles from those derived from normal cells.

The technique could potentially be used to follow up treatment efficacy and to identify both primary tumor mutations and treatment-induced changes in cancer cells.

doi: 10.1038/nm.2994

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度