Research press release

複合薬が副作用を軽減

Nature Medicine

Combination drugs reduce side-effects

エストロゲンと消化管ホルモンであるGLP-1という2つの薬を組み合わせると、より選択性の高い有望な代謝作用薬ができて、副作用も少なくなるとの報告が寄せられている。

エストロゲンは、摂食行動とエネルギー消費を変化させるため、肥満や2型糖尿病の治療に利用できるとされているが、腫瘍の成長促進など、望ましくない副作用を引き起こす可能性もある。Matthias Tschopoたちは、エストロゲンをGLP-1と化学的に結合させることによって代謝にかかわる組織へと選択的に送り込み、この問題を克服した。この連結化合物は、両方の化合物を単独で投与した場合に比べ、肥満マウスの代謝に対する有益な効果が大きいことも明らかになった。

著者たちは、化学的に連結するこのような方法が、広く使われているグルココルチコイドを始めとして、さまざまな病気の治療に役立つ安全な複合薬につながるかもしれないと考えている。しかし、膵臓β細胞のようにGLP-1とエストロゲン両方の受容体を発現する細胞に悪影響が起こらないことを確かめるには、長期的な毒性研究が必要である。

The combination of two compounds, estrogen and the gut hormone GLP-1, results in a more selective and potent metabolic drug with fewer side effects, according to research published this week in Nature Medicine.

Estrogen, by modulating feeding behavior and energy expenditure, has been suggested as a therapy for obesity and type 2 diabetes; however, it can also cause unwanted effects, such as tumor growth promotion. Matthias Tschop and colleagues circumvent this issue by chemically linking estrogen to the hormone GLP-1 to selectively target metabolically-relevant tissue. The authors note that the conjugated compound also has greater beneficial metabolic effects in obese mice compared to either native compound administered alone."

They conclude that this chemical approach may lead to other safer drug combinations, such as widely used glucocorticoids, to treat a variety of different diseases. Long-term toxicological studies are needed however, to ensure that negative effects on cell types that express receptors for both GLP-1 and estrogen, such as pancreatic beta cells, does not occur.

doi: 10.1038/nm.3009

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度