Research press release

HIV-1の免疫系からの逃避と進化

Nature Medicine

Immune escape and evolution of HIV-1

HIV-1に対する強力な広域中和抗体の中には、外被のgp120上の特定の位置(Asn332)に結合したグリカンとよばれる糖分子を認識するものがある。ワクチン開発の試みの多くが目指しているゴールは、広域中和抗体を誘導することである。だが、Lynn Morrisたちは、このような広域中和抗体を生産する2人のHIV-1感染患者を調べ、感染初期に見られるウイルスは332位にグリカンをもたないため、このグリカンを標的とする抗体によっては中和されないことを明らかにした。しかし、感染後6ヵ月以内にどちらの患者でもウイルスが332位にグリカンを獲得し、おそらくそのおかげで他の血中抗体による認識を逃れることがわかった。感染から2年後までには、Asn332のグリカンは消失するが、これはおそらく後に発生したグリカン特異的広域中和抗体から逃れるためだろうと、著者たちは考えている。

さらに集団レベルで見ると、急性感染期に見られるHIV-1サブタイプCは、慢性感染期に見られるウイルス(332位にほぼ必ずグリカンをもつ)に比べると、グリカンをもたない場合が多いことがわかった。これらの知見は、抗体を介した免疫圧力に応じたHIV-1の進化の経過を示しており、このグリカンを標的にするだけでは、HIV-1感染を引き起こした最初のウイルスを十分に中和できない恐れがあると考えられる。

A sugar molecule on the HIV-1 gp120 envelope protein that is recognized by the host’s broadly neutralizing antibodies is frequently absent early in infection, and later evolves to escape immune pressure, reports a study published online this week in Nature Medicine.

Some of the most potent broadly neutralizing antibodies against HIV-1 recognize a sugar molecule, called a glycan, at a specific position-Asn 332-on the gp120 envelope. Inducing broadly neutralizing antibodies is a desirable goal of many vaccine strategies. Yet Lynn Morris and colleagues show that in two HIV-1 infected individuals who developed these broadly neutralizing antibodies, the virus present early in their infection lacks the glycan at position 332 and is not neutralized by antibodies targeting this glycan. However, within the first six months of infection in both individuals, the virus acquired the glycan at position 332, presumably to escape recognition by other circulating antibodies. By two years of infection, the glycan at Asn332 disappeared, again the authors conclude, probably due to escape from later-developing glycan-specific broadly neutralizing antibodies.

The authors further found that at a population level, HIV-1 subtype C viruses present during acute infection more frequently lacked the glycan, compared with viruses present during chronic infection, which predominantly contained the glycan at position 332. The authors’ findings chronicle the evolution of HIV-1 in response to antibody-mediated immune pressure and suggest that targeting this glycan might not be sufficient to neutralize founder viruses that initiate HIV-1 infection.

doi: 10.1038/nm.2985

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度