Research press release

COPDの表現型の画像化

Nature Medicine

Imaging COPD phenotypes

慢性閉塞性肺疾患(COPD)のサブタイプを見分ける画像化技術の報告が寄せられている。この方法を使えば、より正確な診断が可能になるので、個々の患者に合わせて肺の損傷を的確にねらった治療を行うのに役立つだろう。

COPDは、肺の末梢気道が狭くなって気流が制限される病気で、完全に元には戻らない。COPDは、肺組織の破壊や肺気腫、その他の気道の機能性疾患によって起こる。

Brian Rossたちは、末梢気道の病変のタイプを見分けるのに役立つ画像バイオマーカーを開発した。従来の生理学的肺機能検査では、この識別はできなかった。Rossたちが作成したコンピューター断層撮影(CT)に基づく画像化バイオマーカーでは、肺機能の局所的変動の吸気CT画像とkokiCT画像とを比較することにより、COPDの重症度、表現型が識別でき、病変の位置が特定できる。

An imaging technique that detects subtypes of chronic obstructive pulmonary disease (COPD), is reported in a paper published online this week in Nature Medicine. This approach can provide a more accurate diagnosis and help tailor treatments for each individual to appropriately target the lung damage in COPD.

COPD is characterized by narrowing of the small airways in the lung and limiting airway flow and is not fully reversible. It is caused by lung tissue destruction, emphysema, or other functional diseases of the airways.

Brian Ross and colleagues developed an imaging biomarker that can help in differentiating between the types of disease found in the small airways, which previously could not be done with conventional physiological pulmonary tests. The authors created a computed tomography (CT)-based imaging biomarker that identifies COPD severity, phenotype, and location of disease by comparing inspiratory and expiratory CT scans on local variations in lung function.

doi: 10.1038/nm.2971

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度