Research press release

非コードRNAがアルツハイマー病を進行させる

Nature Medicine

A noncoding RNA may drive Alzheimer’s disease

アルツハイマー病を進行させる可能性のある分子機構が発見された。この機構にかかわるのは酵素βセクレターゼ1(BACE1)で、今後の治療法の標的になるかもしれない。

タンパク質をコードするRNAの多くには、対応する相補的な天然RNA分子が存在し、その大部分は非コードRNAのようである。C Wahlestedtたちは、酵素BACE1に対応する相補的な非コードRNAを同定した。このRNAは、アルツハイマー病患者やアルツハイマー病に似た症状を示すマウスモデルに存在し、BACE1のRNAやBACE1タンパク質の量を正に調節する。

アミロイドβはBACE1の作用によって生じる分子で、アルツハイマー病に特徴的にみられるアミロイド斑に蓄積するが、このアミロイドβに曝されると前述の非コードRNAの発現が増加し、BACE1レベルが上昇して、正のフィードバックループが働き、さらにアミロイドβが形成される。

Scientists have found a molecular mechanism that may drive the progression of Alzheimer’s disease. The mechanism, involving the enzyme Beta secretase 1 (BACE1), is described online in Nature Medicine this week, and could become a target for future therapeutic efforts.

Many protein-coding RNAs have natural complementary partners, most of which seem to be noncoding RNAs. Claes Wahlestedt and colleagues have identified a noncoding complementary partner for the enzyme BACE1, which positively regulates the levels of BACE1 RNA and protein, and is present in people with Alzheimer’s disease and in a mouse model with similar symptoms.

Upon exposure to amyloid-beta, the molecule that results from the activity of BACE1 and that accumulates in the amyloid plaques characteristic of Alzheimer’s disease, expression of the noncoding RNA is enhanced, which increases the levels of BACE1 and generates additional amyloid-beta through a positive feedback loop.

doi: 10.1038/nm1784

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度