Research press release

ALSの発症と進行に影響する遺伝的修飾因子

Nature Medicine

Genetic modifier of ALS onset and progression

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症と運動ニューロンの生存を変化させる受容体の報告が寄せられている。

ALSでは、病気の発症や麻痺の進行速度が非常にさまざまで、何らかの遺伝子がこの多様性に影響していると考えられている。

Wim Robberechtたちは、軸索の成長にかかわることが知られているEPHA4という受容体の発現が、ALSの発症時期と患者の生存率に逆相関することを発見した。ALSとしては異例に長く生存する、血縁関係のない2人のALS患者で、EPHA4の発現や機能を阻害する変異が同定され、EPHA4の欠失が患者を守る働きをする可能性が示唆された。マウスでは、変性しやすい運動ニューロンほど、Epha4が高度に発現されている。さらにALSの齧歯類モデルでEpha4を遺伝的に欠失させたり、薬物により阻害したりすると、生存期間が長くなる。これらの知見は、Epha4が運動ニューロンの死やALSの発症時期、進行に影響することと、治療標的になる可能性があることを示している。

A receptor that modifies the onset of Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) and the survival of motor neurons is reported online this week in Nature Medicine.

In ALS, the onset of disease and rate of progression of paralysis are highly variable. It is thought that certain genes can influence this variability.

Wim Robberecht and colleagues find that the expression of EPHA4, a receptor previously shown to influence axon growth, inversely correlates with disease onset and survival in individuals with the disease. Mutations that disrupt the expression or function of EPHA4 are identified in two unrelated individuals with ALS that exhibit uncharacteristically long survival, suggesting loss of EPHA4 may be protective. In mice, expression of Epha4 is higher in motor neurons that are more prone to degenerate. Furthermore, genetic loss or pharmacological inhibition of Epha4 extends survival in rodent models of ALS. These findings suggest that Epha4 may influence motor neuron death, disease onset and progression of ALS, and may be targeted therapeutically.

doi: 10.1038/nm.2901

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度