Research press release

がんの化学療法が逆効果

Nature Medicine

Cancer chemotherapy backfires

化学療法が正常な組織に損傷を与えると、その組織から残った腫瘍細胞の増殖を持続させる新しい因子が分泌され、これが治療に対する抵抗性につながることが明らかになった。

Peter Nelsonたちが効果について調べたのは、DNAに損傷を引き起こすタイプの化学療法で、前立腺腫瘍環境中に見られる正常な繊維芽細胞に炎症応答を誘発する。この正常組織で起こる化学療法に対する反応として、繊維芽細胞からWnt16Bというタンパク質の分泌が促進され、これが周辺の腫瘍細胞に取り込まれる。Wnt16Bが発癌性の情報伝達経路の引き金を引き、がん細胞の生存を助け、化学療法への反応を抑える。

さらに、乳がん、卵巣がん、前立腺がん患者の腫瘍周辺の正常組織で、化学療法後にWnt16Bが増加していることも明らかになり、治療への反応性に、腫瘍微小環境の情報伝達経路が重要な役割を果たすことが裏付けられた。

Chemotherapy damages normal tissue, causing it to secrete novel factors that sustain the growth of residual tumor cells, leading to treatment resistance, reports a study published online this week in Nature Medicine.

Peter Nelson and colleagues studied the effects of a subtype of cancer chemotherapy regimes that cause DNA damage and trigger an inflammatory response on normal fibroblast cells found in the environment of prostate tumors. This reaction to chemotherapy in the normal tissue stimulates the secretion of the protein, Wnt16B, by fibroblasts, which is then taken up by neighboring tumor cells. Wnt16B acts to trigger oncogenic signaling pathways fostering survival of cancer cells and dampening the response to chemotherapy.

The study also reports that Wnt16B is elevated in the normal tissue surrounding tumors of human breast, ovarian and prostate cancer patients after chemotherapy treatment, supporting the importance of this tumor microenvironment signaling pathway in therapy responses.

doi: 10.1038/nm.2890

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度