Research press release

メラノーマの新しい治療標的

Nature Medicine

A new therapeutic target for melanoma

腫瘍抑制機構を働かなくするメラノーマ細胞の遺伝的変異についての報告が寄せられている。この変異を標的とすれば、既存の化合物を用いて癌の成長を阻害することができるという。

ほとんどの腫瘍は、癌化を防ぐ重要な防御因子であるp53の機能に直接影響する変異をもつことが多い。しかし通常、メラノーマではp53の変異はめったに見られず、メラノーマ細胞がどのようにしてp53の腫瘍抑制作用に打ち勝つのかはよくわかっていなかった。

Jean-Christophe Marineたちは、メラノーマ患者ではp53を不活性化するタンパク質MDM4のレベルが上昇していることを明らかにした。メラノーマ細胞はMDM4を頼りにして、p53による腫瘍抑制作用を克服し、腫瘍を形成する。メラノーマは、命にかかわる悪性の癌だが、以前に開発されたMDM4とp53の結合を破壊してp53の機能を回復するペプチドがメラノーマの成長を抑制することから、MDM4がメラノーマの治療標的になる可能性が示唆される。

A genetic alteration in melanoma cells that subverts tumor suppressive mechanisms and can be targeted with available compounds to inhibit cancer growth is published online this week in Nature Medicine.

Most types of tumors carry frequent alterations that directly affect the function of p53, a crucial protector from oncogenic transformation. But traditionally, mutations in p53 are rare in melanoma, and how these cancer cells overcome p53’s suppression is not well known.

Jean-Christophe Marine and colleagues report that people with melanoma have increased levels of MDM4, a protein that can inactivate p53. Melanoma cells rely on MDM4 to overcome the tumor suppression exerted by p53 and form tumors. A previously developed peptide that disrupts the interaction between MDM4 and p53 and restores p53’s function restricts melanoma growth, suggesting that MDM4 could represent a potential therapeutic target for this deadly human cancer.

doi: 10.1038/nm.2863

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度