Research press release

脳の幹細胞が腫瘍に対抗

Nature Medicine

Brain stem cells fight tumors

マウスやヒトに、神経前駆細胞(NPC)から分泌される特殊な脂肪酸分子バニロイドがかかわる抗腫瘍経路があるとの報告が寄せられている。

神経前駆細胞は若齢の動物の脳に見られ、脳腫瘍のところへと誘導され、癌細胞の細胞死を引き起こす因子を分泌する。

Rainer Glassたちは、分泌される因子がバニロイドであると同定し、これが脳を腫瘍から守るしくみを明らかにした。バニロイドは、悪性神経膠腫(脳の癌)でさかんに発現されているバニロイド受容体TRPV1を介して情報伝達し、腫瘍細胞のストレス経路を活性化して細胞死を引き起こす。脳腫瘍をもつ成体マウスにアルバニルと呼ばれる合成バニロイドを投与すると、若いNPCがもつこのような腫瘍抑制作用を再現できた。

これらの知見は、NPCの量によっては脳の内在性分子によるもっと強い腫瘍抑制作用が得られる可能性を示唆しており、このことは年代の異なる患者にとって大きな意味をもつかもしれない。今回の知見により、バニロイド-TRPV1情報伝達経路が、脳腫瘍の薬物治療の標的候補の1つになることが判明した。

An antitumor pathway in mice and humans involving specific fatty acid molecules, vanilloids, secreted by neural progenitor cells (NPC) is reported in a study published online this week in Nature Medicine.

Neural progenitor cells, found in the juvenile brain, tend to be recruited to brain tumors, and secrete factors that induce death of cancer cells.

Rainer Glass and colleagues identify these secreted factors as vanilloids, and unravel the mechanism by which they protect the brain from tumors. Vanilloids signal through the vanilloid receptor TRPV1, which is highly expressed in malignant gliomas-cancers in the/of the brain-and activate a stress pathway in tumor cells that causes cell death. This tumor suppression effect of young NPCs could be recreated in was in adult mice with brain tumors by treatment with a synthetic vanilloid, called arvanil.

The findings suggest a potentially stronger suppressive effect of endogenous brain molecules on tumors depending on the abundance of NPCs, which may have implications for patients of different ages, and identify vanilloid-TRPV1 signaling as a candidate pathway to be targeted pharmacologically in brain tumors.

doi: 10.1038/nm.2827

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度