Research press release

癌の治療反応性マーカーを求めて、腫瘍をデジタルマイニング

Nature Medicine

Digitally mining tumors for therapy response markers

DUSP4とよばれる酵素量が少ないことが、ネオアジュバント化学療法(癌の外科的切除の前に行う化学療法)に対する抵抗性や進行性乳癌に関係するとの報告が寄せられている。臨床試験でさらに検証すれば、DUSP4が治療成績のマーカーになるかどうかが確認されるだろう。

癌の外科手術前にネオアジュバント化学療法を行うと、腫瘍を小さくすることができる。しかし、多くの患者ではこの両方に対する完全な反応性が見られず、治療後も癌が残り、転移性疾患のリスクが上昇する。

Carlos Arteagaたちは、ネオアジュバント化学療法後に外科的に切除した腫瘍のデジタルDNA定量を行って、予後不良で生存期間の短い乳がん患者では、発癌性情報伝達の負の調節因子であるDUSP4の量が減少していることを明らかにした。DUSP4減少の結果、発癌性のRas-ERK経路の活性化が起こり、癌細胞のアポトーシスを妨げる原因となるらしい。

これらの知見は、この情報伝達経路が化学療法に対する反応性改善の標的になる可能性を示唆している。

Lower amounts of an enzyme called DUSP4 are associated with resistance to neadjuvant chemotherapy-which is given before surgical tumor removal-and aggressive breast cancers, reports a paper published online this week in Nature Medicine. Further validation in clinical trials will confirm whether DUSP4 could be a potential marker of therapy outcome.

Neadjuvant chemotherapy, which is given before surgical tumor removal, can reduce the size of the tumor. But many patients do not have a complete response and show residual cancer after this treatment and an increased risk for metastatic disease.

Using digital DNA quantification in surgically-resected tumors after neo-adjuvant chemotherapy, Carlos Arteaga and colleagues show that the levels of DUSP4, a negative regulator of oncogenic signaling, are decreased in breast cancer patients with poor outcome and short survival. Activation of the oncogenic Ras-ERK pathway seems to be the result of decreased DUSP4, causing impaired cancer cell apoptosis.

The findings suggest that this signaling pathway may be targeted to improve the response to chemotherapy.

doi: 10.1038/nm.2795

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度