Research press release

放射能中毒(急性放射線症候群)の治療の新薬候補

Nature Medicine

New drug candidates for treating radiation poisoning

急性放射線症候群の治療薬の新たな候補が2つ見つかった。

Hartmut Geigerたちは、遺伝子スクリーニングを行ってマウスの放射線感受性の新しい調節因子を同定し、血液凝固と炎症を制御するある経路が、意外なことに放射線障害に対する防御作用をもつことを発見した。この経路では、トロンボモジュリンというタンパク質が働いて、抗凝固作用、抗炎症作用をもつ活性型プロテインCの生成を助ける。遺伝子組み換えによるトロンボモジュリンや活性型プロテインCを静脈内注入すると、全身に放射線照射したマウスの死亡を防ぐことができた。

トロンボモジュリンも活性型プロテインCも、これまでヒトの他の病気に利用されており、用途を変えて急性放射線症候群の治療にも利用できるかもしれない。

Two new drug candidates for treating radiation poisoning are uncovered in a study published online this week in Nature Medicine.

Hartmut Geiger and colleagues use a genetic screen to identify new regulators of radiation sensitivity in mice and discover that a pathway that controls blood clotting and inflammation unexpectedly provides protection against radiation damage. In this pathway, the protein thrombomodulin helps generate activated protein C, which has both anticoagulant and anti-inflammatory activities. The team found that intravenous infusion of recombinant forms of either thrombomodulin or activated protein C protected mice from death after total body radiation.

Both thrombomodulin and activated protein C have previously been used in humans for other conditions, suggesting they might be repurposed for treating radiation poisoning.

doi: 10.1038/nm.2813

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度