Research press release

HIVワクチンSTEPの臨床試験が不成績に終わった理由

Nature Medicine

Why did the HIV vaccine STEP trial fail?

最近、HIVワクチンSTEPの臨床試験で望ましくない結果が出て、エイズワクチンの開発に深刻な打撃を与えた。その理由を説明する有力な説が、今回寄せられた2つの論文によって否定された。

このSTEPの臨床試験では、参加者に、HIV遺伝子を3個もつよう遺伝子操作した弱毒型の風邪ウイルス(Ad5)を接種した。この弱毒型HIV遺伝子が免疫系を刺激して、参加者がHIVにさらされた場合に、より強力な免疫反応が起こることになると考えられた。しかし実際には、ワクチン接種の結果、HIV-1の獲得量が増加し、特に、よくみられるAd5中和抗体レベルの高い参加者の場合に顕著だった。

HIV-1は体内のT細胞を標的とするので、STEP臨床試験の結果から、Ad5抗体レベルの高い患者にワクチン接種するとT細胞数が増加し、これがHIV-1の感染の標的として働くとの仮説が出された。

D BarouchのグループとM Bettsのグループは、Ad5特異的中和抗体のベースライン値とAd5特異的T細胞応答との間には関連性がないことを発見した。また、参加者のAd5抗体レベルが高くても、ワクチン接種後に、Ad5抗体レベルの低い参加者よりも強いAd5特異的免疫応答を示すわけではなかった。

これらの知見は、Ad5特異的T細胞がSTEP臨床試験でのHIV-1感受性の上昇に直接寄与していないことを示しているが、STEP臨床試験が望ましくない結果に終わった本当の理由は謎のままである。

The failure of the recent HIV STEP trial represented a serious blow to the development of an AIDS vaccine. Two papers published this week in Nature Medicine rule out a leading explanation for this failure.

In the STEP trial, participants were vaccinated with a weakened form of a common cold virus (Ad5) which was altered to carry three HIV genes. It was believed that stimulating the immune system with these weakened HIV genes would lead to a more aggressive response to HIV if and when the participant was exposed to it. However, the vaccine resulted in increased HIV-1 acquisition, particularly if the volunteer had high levels of Ad5-neutralizing antibodies, which are often observed.

Since HIV-1 targets the body\'s T cells, the STEP trial results led to the hypothesis that vaccination of individuals with high levels of Ad5 antibodies had an increase in their T cell numbers, which served as targets for the HIV-1 infection.

The two groups lead by Dan Barouch and Michael Betts found that there is no correlation between baseline levels of Ad5-specific neutralizing antibodies and Ad5-specific T cell responses. Moreover, individuals with high levels of Ad5 antibodies do not develop higher Ad5-specific immune responses after vaccination compared to individuals with low levels of Ad5 antibodies.

Although these findings indicate no direct role for the Ad5-specific T cells in increasing HIV-1 susceptibility in the STEP trial, the true reason for its failure remain a mystery.

doi: 10.1038/nm.1989

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度