Research press release

コレステロールの良い測面

Nature Medicine

The good side of cholesterol

コレステロールの多い食餌が、ペリツェウス・メルツバッハー病(PMD)のマウスモデルの病状を改善するとの報告が寄せられている。PMDは、ニューロンの軸索を保護するミエリン鞘の欠失が原因で起こる神経疾患だが、今回の知見は、PMD患者の食事療法ができる可能性を示している。

PMDは、プロテオリピドタンパク質遺伝子1という遺伝子が重複し、そのためミエリンタンパク質であるPLPが過剰に発現されることが原因で起こる。過剰発現したこのタンパク質は脳の乏突起膠細胞(オリゴデンドロサイト)内で固まり、膜へと移動できないが、軸索に正しくミエリン鞘を形成するには、膜にPLPが必要なのである。

Gesine Saher、Klaus Naveたちは、PLPを過剰発現しているマウスの乏突起膠細胞にコレステロールを加えた。すると、細胞膜へと移動するPLPが増加することがわかった。また、マウスに高コレステロール食を与えると、脳のミエリン量が増え、病気の進行を抑えることも明らかになった。

A cholesterol-enriched diet can ameliorate disease in a mouse model of Pelizaeus-Merzbacher disease (PMD), reports a study published this week in Nature Medicine. The findings suggest a potential dietary treatment for individuals with this neurological disease caused by the loss of the protective myelin sheath around neuronal axons.

PMD occurs due to the duplication of a gene called proteolipid protein gene 1, which leads to overexpression of the myelin protein PLP. This overexpressed protein becomes stuck inside the cells, unable to move to the membrane of oligodendrocyte brain cells where it is needed for the proper myelin ensheathment of axons.

Gesine Saher, Klaus Nave and colleagues added cholesterol to oligodendrocyte cells from mice with overexpressed PLP. They found that this led to an increase in PLP trafficking to the cell membrane. They authors also showed that feeding the mice a high-cholesterol diet increased the amount of myelin in their brains and prevented disease progression in the mice.

doi: 10.1038/nm.2833

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度