Research press release

古い薬をアメーバ症に再活用

Nature Medicine

Repurposing an old drug for amebiasis

関節リウマチの治療薬として認可されているオーラノフィンが、世界中に広く見られる寄生虫、赤痢アメーバ Entamoeba histolytica の感染の新しい治療法として役立つかもしれない。この発見によって、既存の薬の新たな用途を探すことの有用性が浮き彫りになった。

赤痢アメーバは命にかかわる可能性のある感染症、アメーバ症の原因になる腸内寄生虫で、毎年約70000人が死亡している。Anjan Debnathたちがこの病気の治療に使える新しい抗生物質のスクリーニングを行ったところ、米食品医薬品局(FDA)が認可している関節リウマチ治療薬オーラノフィンが、試験管内で、また赤痢アメーバ感染の2匹の動物モデルで、赤痢アメーバの成長を阻害することがわかった。Debnathたちは、オーラノフィンが赤痢アメーバのチオレドキシンレダクターゼ(酸素代謝による損傷に対する防御機構にかかわる酵素)を阻害するために、赤痢アメーバの酸化ストレス感受性が高まると考えている。

この知見の臨床的な有用性を考慮して、FDAはオーラノフィンのヒトアメーバ症治療への利用も認めることとした。

Auranofin, an approved drug for the treatment of rheumatoid arthritis, could serve as a potential new therapy for the treatment of Entamoeba histolytica infection, a common parasite worldwide. The finding appears online in Nature Medicine this week and highlights the utility of screening existing drugs for new purposes.

E. histolytica is an intestinal parasite that causes the potentially fatal infection amebiasis, killing around 70,000 people each year. In a screen for new antibiotics to treat this disease, Anjan Debnath and colleagues found that auranofin, a US Food and Drug Administration (FDA)-approved drug for the treatment of rheumatoid arthritis, inhibited E. histolytica growth in vitro and in two animal models of this infection. The authors suggest that auranofin inhibits E. histolytica thioredoxin reductase - an enzyme involved in defense against damage caused by oxygen metabolism - making the parasite more susceptible to oxidative stress.

Based on the potential clinical utility of these findings, the FDA has awarded auranofin status to treat amebiasis in humans.

doi: 10.1038/nm.2758

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度