Research press release

弱毒化ワクチンのウイルス不活化に過酸化物を利用

Nature Medicine

Peroxide for viral inactivation in attenuated vaccines

過酸化水素を利用してウイルス株を弱毒化する、ワクチン生産の新しい技術基盤の報告が寄せられている。

ウイルスの毒性を低下させて生きたまま使う弱毒化生ワクチンは、生産しやすく、広く使われている。この種のワクチンの大きな問題点の1つが、現在の弱毒化手法では体の中和抗体応答が弱まってしまうことで、その原因は、本来なら免疫応答の引き金となるはずのウイルスタンパク質を破壊してしまうからである。

Mark Slifkaたちは、過酸化水素処理ならば、この問題が回避できることを明らかにした。この処理法を使ったところ、2種類の致死性ウイルスに対するワクチンを接種したマウスでは抗体を介した防御免疫が、慢性ウイルス感染に対するワクチン接種したマウスでは細胞性防御免疫が誘導された。

ヒトでも細胞性免疫が誘導できるかどうか、またそれが組換え生ワクチンによって誘導される免疫と同等かどうかは、まだ明らかになっていない。

A new technology platform that uses hydrogen peroxide to inactivate virus strains used for vaccine production is reported in Nature Medicine this week.

Live-attenuated vaccines created from live but weakened viruses are widely used and easy to produce. One of the main problems with this type of vaccines is that current inactivating agents decrease the neutralizing antibody response in the body owing to destruction of key viral proteins that would normally trigger an immune response.

Mark Slifka and colleagues show that hydrogen peroxide treatment circumvents this problem. This approach resulted in protective antibody-mediated immunity in mice vaccinated against two lethal viruses and protective cellular-mediated immunity in mice vaccinated against chronic viral infection.

Whether the cellular immunity induced can be shown in humans, and whether it is equivalent to that from live recombinant vaccines remain to be shown.

doi: 10.1038/nm.2763

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度