Research press release

白血病の成長や治療への抵抗性の手がかり

Nature Medicine

Clue to leukemia growth and resistance to therapy

白血病細胞は、肝細胞増殖因子(HGF)の分泌を増やしてその受容体であるMETを活性化することによって、自己を養い、増殖を促進できるとの報告が寄せられている。白血病細胞は、このような自己分泌ループのおかげで、METの阻害という治療を回避しているという。

Thomas Lookたちは、白血病細胞株と臨床試料を用いてゲノムのスクリーニングを行い、異常なHGF発現が、ある種の急性白血病の発症に不可欠な要因であることを発見した。そして、MET阻害剤での治療によって薬剤抵抗性が生じるのは、HGF発現の亢進によってMETの阻害が補償されるためであることを明らかにした。

この知見は、癌に対する標的化治療を設計する際に、癌細胞の適応応答への配慮が重要になることを示している。

Leukemic cells can feed themselves through increased secretion of hepatocyte growth factor (HGF), which then activates its receptor, MET, to promote growth. This autocrine loop allows the leukemic cells to sidestep therapeutic inhibition of MET, shows a report published online in this week’s Nature Medicine.

Thomas Look and colleagues use a type of genomic screen and identify abnormal HGF expression as a crucial factor for development of a class of acute leukemia in leukemia cell lines and clinical samples. The team show that treatment with MET inhibitors resulted in drug resistance owing to increased HGF expression to compensate for MET blockade.

The findings illustrate the potential relevance of considering adaptive responses by tumor cells when designing targeted therapies for cancer.

doi: 10.1038/nm.2819

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度