Research press release

早老症の新しい治療法

Nature Medicine

A new way to treat premature ageing

スタチンと骨疾患薬との組み合わせによって、ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群(HGPS)のような早老症が治療できる可能性があるとの報告が寄せられている。

ヒトの早老症の中には、プロジェリンとよばれる変異タンパク質が原因で起こるものが、HGPSも含めていくつかある。プロジェリンは、プレニル化という生化学的修飾を受けると細胞の核膜に結合した状態になり、病気につながる。プロジェリアのマウスモデルで行われたこれまでの研究によれば、ある種類のプレニル化を受けもつファルネシル転移酵素(FT)という酵素の阻害剤は、核に異常が起こってプロジェリンが蓄積するのを妨げ、老化に似た症状を少し改善するという。

今回C Lopez-Otinたちは、プロジェリンがゲラニルゲラニルトランスフェラーゼ(GGT)とよばれる酵素によってもプレニル化されることを明らかにした。これまでの研究でFT阻害剤の効果が低かったのは、これで説明できるかもしれない。また著者たちは、コレステロール降下剤であるスタチンとある種の骨疾患の治療薬(アミノビスフォスフォネート)とを組み合わせると、プロジェリンの修飾が妨げられて早老症マウスの老化に似た症状が著しく改善され、寿命が延びることを明らかにした。

今回の知見は、HGPSや他の早老症の新しい治療法を示している。

A combination of statins and drugs for bone disorders could treat premature-ageing conditions such as Hutchinson-Gilford progeria syndrome (HGPS), reports a study published online this week in Nature Medicine.

Several forms of human premature aging, including HGPS, are caused by a mutant protein called progerin. Progerin undergoes a biochemical modification known as prenylation, which anchors it to the membrane of the cell nucleus, leading to the disease. Previous studies showed that inhibitors of the enzyme farnesyltransferase (FT), which is responsible for one form of prenylation, eliminate the nuclear abnormalities associated with progerin accumulation and lead to a small improvement of the aging-like characteristics in a mouse model of progeria.

Now, Carlos L?pez-Ot?n and colleagues show that progerin is also prenylated by the enzyme geranylgeranyltransferase (GGT), which could explain the low efficiency of the FT inhibitors in previous studies. The authors also show that a combination of cholesterol-lowering drugs ? statins ? and drugs for certain bone disorders ? aminobisphosphonates ? prevents the modification of progerin, markedly improving the aging-like characteristics of progeroid mice, and increasing their life span.

These findings point to a new therapeutic approach for HGPS and other premature-aging syndromes.

doi: 10.1038/nm1786

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度