Research press release

腸のルート変更で血糖値を下げる

Nature Medicine

Rerouting the gut to reduce blood glucose

腸の中央部、すなわち空腸がグルコースを感知し、腸-脳-肝軸の一部として肝臓でのグルコース生産の調節に役割を果たしていることが明らかになった。

糖尿病の古典的特徴は、血糖値が高いことである。この血糖値の上昇は、肝臓での内因性のグルコース生産を低下させるようにと、インスリンがうまく肝臓に情報を伝えられないために起こる。その原因は、2型糖尿病の場合にはインスリン抵抗性のため、1型糖尿病の場合には、この必須ホルモンであるインスリンがないためである。

Tony Lamたちは、空腸がグルコースレベルを感知して、ニューロン伝達を介して肝臓にグルコース生産を抑える指令を出すよう、脳に情報を伝えていることを明らかにした。1型糖尿病のラットモデル2匹に、十二指腸-空腸バイパス術という肥満の外科的治療を施すと、術後2日以内に血糖値が低下することがわかった。

これらの結果は、1型糖尿病に見られる血清グルコース濃度の上昇を外科的に改善できる可能性を示しているが、このバイパス術は、ヒト患者の場合も含め、まだ実験段階にある。また血糖値に対する作用も、術後2週間という短い期間でしか検証していない。ヒトの糖尿病に応用する前に、まずこの作用が起こるしくみを明らかにする必要がある。

The middle intestine, or jejunum, senses glucose and plays a part in a gut-brain-liver axis to regulate glucose production by the liver reports a paper published online this week in Nature Medicine.

A classic hallmark of diabetes is high blood glucose levels. This elevation occurs because insulin cannot signal to the liver to reduce its endogenous glucose production, either owing to insulin resistance, as in type 2 diabetes, or a lack of the necessary hormone, as in type 1 diabetes. Tony Lam and his colleagues show that the jejunum can sense glucose levels and signal to the brain to order the liver to reduce glucose output through a neuronal relay. A surgical treatment for obesity consisting of duodenal-jejunal bypass surgery showed reduced blood glucose levels in two rat models of type 1 diabetes within two days of the surgery.

Although these results suggest a possible surgical correction of the increased serum glucose observed in type 1 diabetes, the bypass surgery used is still experimental, including in human patients. Also the effects on blood glucose levels were only examined in a narrow time frame, two weeks after surgery. How these effects occur still needs to be determined before any potential translation to human disease.

doi: 10.1038/nm.2745

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度