Research press release

MRSA感染に関係する、非常に珍しい毒性決定因子

Nature Medicine

MRSA infection linked to a rare virulence determinant

中国でのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染の流行に、非常に珍しい遺伝因子が関係していることがわかったとの報告が寄せられている。この遺伝因子が、有望な治療標的になるかもしれない。

MRSAの波状流行の原因に、どのような分子過程がかかわっているのかはほとんど解明されていない。Michael Ottoたちは、ゲノム内を動き回れる遺伝因子sasXが、MRSAの体内への定着と発症に重要な役割を果たしていることを発見した。sasXが存在すると、鼻でのコロニー形成、肺の病変、膿瘍形成が強く促進され、しかも菌が免疫系を逃れるのを助ける働きもする。また、最近sasXがある系統の菌から別の系統の菌の侵襲性クローンへと広がったことも観察され、sasXが、すばやく広がってMRSAの病原性を決定する因子であることが示された。

An extremely rare genetic element has been linked to an epidemic wave of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infection in China, according to a report published online this week in Nature Medicine. This element may be a promising therapeutic target in treatment.

The molecular processes that underlie epidemic waves of MRSA are poorly understood. Michael Otto and his colleagues found that a genetic element, sasX, that can move around in a genome, has a key role in MRSA colonization and pathogenesis in the body. The presence of sasX substantially enhanced nasal colonization, lung disease and abscess formation, and helped the pathogen evade the immune system. The researchers also observed the recent spread of sasX from one strain to invasive clones from other strain types, suggesting that sasX is a quickly spreading determinant of MRSA pathogenicity.

doi: 10.1038/nm.2692

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度