Research press release

ヒトの卵巣幹細胞

Nature Medicine

Human ovarian stem cells

生殖年齢にある若い女性には卵巣幹細胞が存在し、これは卵母細胞になる能力をもつことが明らかになった。この発見は、病気や自然な加齢によって生殖能力に制限のある女性に、希望をもたらすかもしれない。 この60年間、女性は出生時に、生涯にわたってもつことになる卵母細胞をすべてもって生まれると信じられてきた。したがって、女性が卵の喪失や卵の老化によって不妊となった場合には、選べる治療法は限られていると思われていた。しかし、これまでの研究で、雌のマウスは成獣になってから新しい卵母細胞を作る能力をもつことが判明した。ただ、ヒトにも同様な幹細胞が存在するという証拠がないため、論争が続いていた。 Jonathan Tillyたちは、生殖年齢の女性にマウスと同様な卵原幹細胞(OSC)が存在することを明らかにした。Tillyたちは、マウスとヒトのOSCから生体内で卵母細胞が生じることを発見し、このマウスOSC由来の卵母細胞から体外受精によって胚が生じることも明らかにした。 倫理的、法的理由から、単離したヒトOSCから生じた卵母細胞については、同様な実験は行えなかったが、Tillyたちは、今回の結果が、ヒトの女性不妊の治療に新たな道を開くのに必要な、最初の一歩であると考えている。

Ovarian stem cells exist in young adult women of reproductive age and are capable of giving rise to oocytes, according to research published this week in Nature Medicine. These results may offer hope to women that have limited reproductive capacity, either because of disease or natural aging. For the past 60 years, it was believed that women are born with all the oocytes they are ever going to have. If a woman becomes infertile due to loss or aging of her eggs, it was felt that her therapeutic options were limited. However, previous studies have found that female mice are able to generate new oocytes in adulthood, but the controversy remains because of a lack of evidence that such stem cells exist in humans. Jonathan Tilly and colleagues now show that similar oogonial stem cells (OSCs) do exist in women of reproductive age. The authors find that the mouse and human OSCs are able to give rise to oocytes in vivo while also showing that the mouse OSC-derived oocytes can give rise to embryos after in vitro fertilization. For ethical and legal reasons, the team could not perform a similar test of the oocytes derived from the human OSCs they isolated. But Tilly and colleagues believe these results are the beginning steps needed for what is hoped to be a new avenue of treatment for human female infertility.

doi: 10.1038/nm.2669

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度