Research press release

新しいC型肝炎ウイルス受容体

Nature Medicine

A new receptor for the hepatitis C virus

C型肝炎ウイルス(HCV)が利用する受容体を新たに同定したとの報告が寄せられている。この受容体、ニーマン・ピックC1様1(NPC1L1)コレステロール吸収受容体が、C型肝炎ウイルスの治療標的になる可能性がある。 HCVは肝臓病の主要な原因の1つで、世界の感染者はおよそ1億7000万人に上る。現在行われている治療法は効果が低く、副作用が強いため、もっと効果の高い抗ウイルス治療の開発が求められている。S Uprichardたちは、ウイルスの細胞への侵入経路は抗ウイルス治療の標的になる可能性があると考え、NPC1L1コレステロール取り込み受容体が、治療介入を行いやすいHCV侵入因子であることを発見した。NPC1L1の発現を抑制したり、NPC1L1を遮断したりすると、ヒト細胞のHCV感染が起こらなくなることがわかった。さらに、臨床的に利用可能なNPC1L1拮抗薬エゼチミブが、ヒト肝臓を移植したマウスで、HCVの侵入を強力に阻害してHCV感染を妨げることがわかった。 ヒトでの利用が認められているNPC1L1拮抗薬がすでにあるため、今回の知見は早めに臨床応用が行えるかもしれない。

The identification of a new receptor for the hepatitis C virus (HCV) is reported in an article published online this week in Nature Medicine. The Niemann-Pick C1-like 1 (NPC1L1) cholesterol absorption receptor has the potential to become a therapeutic target for the virus. HCV is a leading cause of liver disease, with around 170 million people infected worldwide. Current treatment options have low efficacy and serious side effects, making it necessary to develop more effective antivirals. Reasoning that viral entry into cells represents a potential target for antiviral intervention, Susan Uprichard and her colleagues found that the NPC1L1 cholesterol uptake receptor is an HCV entry factor amenable to therapeutic intervention. The team found that reducing the expression or blocking of NPC1L1 impaired HCV infection in human cells In addition, the clinically available NPC1L1 antagonist ezetimibe potently blocked HCV uptake and inhibited HCV infection in mice with human liver grafts. The availability of a drug that targets NPC1L1 already approved for use in humans may accelerate the translation of this finding to the clinical setting.

doi: 10.1038/nm.2581

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度