Research press release

がん:消化器系のがんで有望な活性を示したCAR T療法

Nature Medicine

Cancer: CAR T therapy exhibits promising activity in gastrointestinal cancers

消化管腫瘍の細胞で高度に発現されるタンパク質(CLDN18.2)を特異的に標的とするCAR T細胞を使う免疫療法は安全であり、消化管がん患者では48.6%が治療に反応を示し、胃がんの患者ではその割合が57.1%にもなることが報告された。これらの知見は、現在進行中の第1相臨床試験の当初の解析で判明したもので、CLDN18.2特異的CAR T細胞療法は消化器系のがんの患者の実際に使える治療選択肢の1つになるかもしれない。

消化管のがん(胃がん、膵臓がんを含む)は一般に予後が不良で、治療法の選択肢も限られている。CAR T細胞療法は、患者自身のT細胞を改変してがん細胞を認識して殺せるようにする免疫療法の一種で、白血病やリンパ腫などの血液がんの治療法として認可されている。しかし、消化管のがんなどの固形がんの治療に対するCAR T療法の効果は、このようなタイプのがんを標的にすることが難しいために、まだはっきり分かっていない。

L Shenたちは、CLDN18.2を標的とするCAR T療法の現在進行中の第1相臨床試験について、初回解析結果を明らかにした。この試験は、CLDN18.2を発現する消化管がんでこれまでに治療を受けた経験のある患者(全部で37人、うち28人は胃がんまたは食道胃接合部腺がん、5人は膵臓がん)を対象にしている。CAR T細胞の初回注入後には、全般的に許容可能なレベルの安全性プロファイルが見られた。投与した患者全体で見ると、奏効率は48.6%、病勢制御率は73.0%であり、胃がん患者に限って見ると、奏効率は57.1%、病勢制御率は75.0%であった。

これらの結果は、CAR T細胞を固形がんの治療に用いることに関する新たな知見であるが、今回の臨床試験の最終結果に加えて、さらに大規模な臨床試験での検証が必要であろう。

CAR T cell immunotherapy that specifically targets a protein that is highly expressed in gastrointestinal tumor cells (CLDN18.2) — is safe and elicits a response rate of 48.6% in patients with gastrointestinal cancers, and 57.1% in patients with gastric cancer, according to a paper published in Nature Medicine. These findings — revealed during the initial analysis of an ongoing phase 1 clinical trial — suggest that CLDN18.2-specific CAR T cell therapy may be a viable treatment option for patients with cancers of the digestive system.

Patients with gastrointestinal cancers — including gastric cancer and pancreatic cancer — generally have poor prognoses, with limited treatment options. CAR T cell therapy — an immunotherapy in which a patient’s T cells are modified so that they can recognize and kill cancer cells — is approved for the treatment of hematologic cancers, such as leukemia and lymphoma. However, CAR-T’s potential in treating solid tumors — such as gastrointestinal cancers — remains unclear due to difficulties in targeting these types of cancers.

Lin Shen and colleagues present initial analyses from an ongoing phase 1 clinical trial of CLDN18.2-targeting CAR T cells in patients with previously treated gastrointestinal cancers that express CLDN18.2 (37 patients in total; 28 with gastric cancer or adenocarcinoma of gastroesophageal junction, 5 with pancreatic cancer). Overall, an acceptable safety profile was observed following the first infusion of CAR T cells. The overall response rate and disease control rate were 48.6% and 73.0%, respectively, in all treated patients, and 57.1% and 75.0% in patients with gastric cancers.

These results provide new insights into CAR T cell implementation for the treatment of solid tumors. However, final results from this trial, along with follow up in large trials, are required.

doi: 10.1038/s41591-022-01800-8

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度