Research press release

神経科学:物質嗜癖の解消に関連する脳のネットワークが見つかる

Nature Medicine

Neuroscience: Brain network linked to disrupting substance addiction identified

ヒトのタバコ嗜癖の自然寛解につながる脳損傷はどれも、共通する1つの脳ネットワークの一部分に影響を及ぼしていることが明らかになった。さらに、このネットワークはさまざまな物質嗜癖に共通していることを示す証拠があり、これはこのネットワークがニューロモデュレーション療法の新しい標的になる可能性を示唆している。

物質嗜癖は公衆衛生における重大な問題であり、特に若い世代では主な死因の1つになっている。ニューロモデュレーション療法(神経外科的破壊や脳刺激など)は有望な治療選択肢であるが、治療標的が明確になっていないことで効果が限られている。脳卒中のような傷害によって生じた脳損傷は、まれに嗜癖の寛解につながることがある。つまり、嗜癖治療に役立つ結果となるような損傷は、こうした治療の標的を見つけ出すのに役立つかもしれない。

J Joutsa、M Foxたちは、タバコ嗜癖の患者129人(男性が60%、平均年齢56歳)が脳の局所的損傷を経験した際の脳のスキャン画像を分析した。129人のうち34人は、脳の損傷後に嗜癖の自然寛解(受傷後すぐに喫煙が容易にやめられ、喫煙渇望や喫煙再開の証拠がない状態と定義)を経験していた。嗜癖の寛解をともなう損傷は脳の複数の部位に生じていたが、すべてが1つの特別な脳ネットワークに位置付けられる可能性が明らかになった。これとは全く別の脳損傷患者群でも、タバコ以外の物質嗜癖の寛解へのこのネットワークの関わりが再現された。この中には、アルコール嗜癖のリスクが軽減した患者や、損傷によりニコチン以外の物質への嗜癖が解消した症例などが含まれる。

これらの知見は、乱用を引き起こすさまざまな物質への嗜癖に共通して関わる1つの脳ネットワークの存在を示しており、嗜癖治療のためのニューロモデュレーション療法の新しい標的の発見につながる可能性があると、著者たちは結論している。しかし彼らは、さらなる研究、特にこのような標的に関連する可能性のある副作用についての研究は必須だろうと付け加えている。

Brain lesions that lead to spontaneous remission of tobacco addiction in humans affect part of a common brain network, according to a study published in Nature Medicine. Further evidence for commonality of this network across different substance addictions suggests a potential new target for neuromodulation therapies.

Substance addiction is a public health crisis and a leading cause of death, particularly among young people. Neuromodulation treatments — such as neurosurgical lesioning and brain stimulation — are promising treatment options; however, the absence of a clear therapeutic target has limited their efficacy. Brain lesions caused by injury, such as a stroke, can lead to addiction remission in rare circumstances. Therefore, lesions that result in a therapeutic benefit could potentially help to identify effective targets to treat addiction.

Juho Joutsa, Michael Fox and colleagues analyzed brain scans from 129 patients (60% male; average age of 56 years) addicted to smoking at the time they experienced localized brain damage, of whom 34 subsequently experienced spontaneous addiction remission (defined as being able to easily quit smoking immediately after injury, with no evidence of cravings or relapse). The authors reveal that although lesions associated with remission occurred in multiple locations in the brain, they could all be mapped to a specific brain network. This network was reproducible in other substances of abuse in independent groups of people with brain lesions. This included people with a reduced risk of alcohol addiction and case reports of lesions that disrupted addiction to substances other than nicotine.

The authors conclude that these findings suggest a shared brain network for addiction across different substances of abuse and potentially identify new targets for neuromodulation therapies aimed at treating addiction. However, they go on to state that further research — notably into the potential side effects that may be associated with these targets — is needed.

doi: 10.1038/s41591-022-01834-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度