Research press release

組み換えスメグマ菌を用いた新しい結核菌ワクチンのプラットフォーム

Nature Medicine

Modified Mycobacterium offers new TB vaccine platform

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)由来の遺伝子にコードされた分泌系を発現する組み換えスメグマ菌(Mycobacterium smegmatis)には結核菌感染に対する強力な予防効果があることが、マウスの実験で判明した。この研究成果は、結核菌ワクチン候補の開発のための新たな有用な手段につながる可能性がある。 esx-3遺伝子クラスターの座位は、結核菌の生存に必須だが、M. smegmatisの生存には必須でない。今回、W Jacobs, Jr.たちは、結核菌のesx-3遺伝子が、M. smegmatisの類似の遺伝子に取って代わることができ、その結果、M. smegmatisのハイブリッド(あるいは新しい菌株)を注射されたマウスにおいて、防御能を持つCD4+T細胞の増殖が誘発されることを明らかにした。その後の結核菌感染に対するCD4+T細胞依存性の免疫は、現在使われている唯一の結核菌ワクチンであるBCGによって誘導される免疫と同等かそれ以上の強さだった。ただし、Jacobs, Jr.たちは、マウスにおける結核菌の活発な除去を誘発できるワクチン株がM. smegmatisのesx-3遺伝子座の組換えによって生成される機構を解明するには、さらなる研究が必要なことも指摘している。

A modified Mycobacterium smegmatis bacterial strain expressing a secretion system encoded by genes from Mycobacterium tuberculosis (Mtb), the bacterium that causes tuberculosis, has a potent ability to protect mice from infection with Mtb. The findings, published online this week in Nature Medicine, may yield useful new tools for development of a candidate vaccine against Mtb. The locus for the esx-3 gene cluster is essential for Mtb survival, but not for M. smegmatis. William Jacobs, Jr. and colleagues show that the Mtb esx-3 genes can replace the similar genes in M. smegmatis, inducing propagation of protective CD4+ T immune cells in mice injected with the hybrid (or new strain of) M. smegmatis. The CD4+ T cell-dependent immunity against subsequent exposure to Mtb was as good as or better than that induced by BCG, the only vaccine against Mtb in current use. The authors note that further studies are needed to elucidate the mechanisms by which replacement of the esx-3 locus in M. smegmatis generates a vaccine strain capable of inducing robust clearance of Mtb in the mice.

doi: 10.1038/nm.2420

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度