Research press release

血管の内側を見る

Nature Medicine

Looking inside blood vessels

動脈壁の構造と分子を同時に画像化する方法が開発された。この技術は、アテローム性動脈硬化の臨床管理に応用できる可能性があり、破裂する前に冠動脈プラークを見つけられる。 動脈硬化プラークの発生と進行の基盤となる分子機構について研究する方法があれば、心筋梗塞や心臓突然死といった合併症のリスクのある患者を見つけるのに、非常に役立つ可能性がある。 G Teameyたちは、生きたウサギで構造と分子を同時に画像化するための動脈カテーテルを開発した。この技術を利用することにより、微小血栓症やアテローム性動脈硬化の場合に血管内部で何が起こっているのかについて、詳しい情報が得られた。

A method for the simultaneous structural and molecular imaging of arterial walls is reported online this week in Nature Medicine. This technique could have potential applications in the clinical management of atherosclerosis, identifying coronary arterial plaques before they cause ruptures in patients.

Methods to study atherosclerotic plaques in relation to the molecular mechanisms that underlie their initiation and progression could be very useful to identify people at risk for complications such as myocardial infarction and sudden cardiac death.

Guillermo Tearney and his colleagues report the development of an intra-arterial catheter for simultaneous structural and molecular imaging in living rabbits. The team used this technique to obtain detailed information on what happens inside the blood vessel in cases of microthrombosis and atherosclerosis.

doi: 10.1038/nm.2555

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度