Research press release

公衆衛生:米国でのCOVID-19ワクチン分配の公平性を評価する

Nature Medicine

Public health: Assessing the equitable distribution of COVID-19 vaccinations in the United States

米国疾病予防管理センター(CDC)の各管轄区域が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンが公平に分配されるように努めているかどうかを調べた結果がNature Medicine に掲載される。

米国での集団免役の達成は、COVID-19ワクチンの分配の仕方、特に行政・医療サービスを十分に受けられていない地域や集団への分配が公平になされるかどうかにかかっていると考えられる。しかし、これを行うに際して、米国は公衆衛生、物流管理、社会的公正に関する前例のない難問に次々と直面している。この問題に取り組むための1つの方法は、CDCの社会的脆弱性指標(SVI)のような、不利な社会的条件におかれていることを示す地域ベースの指標を取り入れることによって、優先群を決定することである。こういった地域別の社会的格差指標(disadvantage index)を使うことで、ワクチンによる防御の必要性と有用性が共により高い集団を見つけ出せる。例えば、固定収入への依存度が高く、社会的距離を取ることがうまくできず、ウイルスに感染したり広めたりする確率が高い集団があるかもしれない。

米国でのCOVID-19ワクチンの分配を評価するため、H Schmidtたちは2020年11月8日に発表されたワクチン分配計画を解析し、その後2021年3月30日までに更新された計画も追跡した。その結果、2021年3月20日までに、米国の64のCDC管轄区(50の州、コロンビア特別区、5つの都市、8つの準州)のうちの14では、COVID-19の発生率のような数値と組み合わせて、特定の郵便番号の地域をワクチン分配で優先していた。また37の管轄区(34の州を含む)が社会的格差指標を採用していたが、2020年11月には指標を取り入れていたのは19の管轄区だけだった。最大級の貧困層を抱える管轄区の中では、ワクチン分配に社会的格差指標を使っているところが7から14へと倍増していた。

またいくつかの州では、社会的格差がより大きい地域の住民用のワクチン予約枠を増やしていることが分かった。例えば、テネシー州はモデルナワクチンの5%をSVIの高い地域向けに確保している。マサチューセッツ州は、COVID-19の負荷が不釣り合いに大きい上にSVIも高い地域に、ワクチンを20%追加して分配している。ノースカロライナ州は、ワクチンの30%を、人種的・民族的マイノリティーのための公平なワクチン接種機会を確保するなどの目的で留保しており、また毎日のワクチン接種数の40%を歴史的に社会から無視されてきた人々を優先するために確保することを要請している。

著者たちは、ワクチンの公正な分配が確実に実現されるように、連邦、州、地域レベルの政策立案者は社会的格差指標を採用すべきだと結論している。

A study of whether jurisdictions across the United States are promoting the equitable distribution of vaccines against COVID-19 is published this week in Nature Medicine.

Achieving herd immunity in the United States will rely on an equitable allocation of vaccines against COVID-19, particularly in underserved communities. However, the United States continues to face an unprecedented public-health, logistical and social-justice challenge in doing so. One way to address this is by identifying priority groups, determined by incorporating place-based disadvantage indices such as the US Centers for Disease Control and Prevention’s Social Vulnerability Index (SVI). Such indices can identify population groups for whom the protection offered by vaccines is both more necessary and more valuable. For example, certain groups may be more dependent on a regular income, less able to socially distance, and more likely to contract and spread the virus.

To evaluate the distribution of vaccines against COVID-19 in the United States, Harald Schmidt and colleagues analyzed vaccine-allocation plans published by 8 November 2020, and tracked updates to these plans until 30 March 2021. The authors found that by 20 March 2021, 14 jurisdictions (out of 64 jurisdictions in the United States, which include 50 states, the District of Columbia, 5 cities and 8 territories) had prioritized specific zip codes, in combination with metrics such as COVID-19 incidence, for vaccine allocation. 37 jurisdictions (including 34 states) had adopted disadvantage indices, compared with only 19 jurisdictions in November 2020. Among jurisdictions with the largest disadvantaged communities, the use of disadvantage indices to allocate vaccines doubled from 7 to 14.

The authors also found that certain states increased the share of vaccine appointments for people from more disadvantaged areas. For example, Tennessee reserves 5% of its Moderna vaccines for areas with a high SVI. Massachusetts allocates an additional 20% vaccines to communities with a disproportionately large COVID-19 burden and high SVI. North Carolina reserves 30% of vaccines for purposes that include equitable access for racial and ethnic minorities, and requests that 40% of daily vaccinations be reserved for people from historically marginalized populations first.

doi: 10.1038/s41591-021-01379-6

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度