Research press release

免疫学:SARS-CoV-2のB.1.351変異株に対する中和抗体の効果は非常に低い可能性がある

Nature Medicine

Immunology: Neutralizing antibodies may be much less effective against the B.1.351 SARS-CoV-2 variant

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の回復期にある患者やワクチン接種を受けた人に由来する抗体は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のB.1.1.7変異株(英国で最初に見つかった変異株)は中和できるが、B.1.351変異株(南アフリカで最初に見つかった変異株)に対しては、参照用のD614G株と比較した場合、中和できないか、もしくは中和効率が低い可能性があることが分かった。研究室での実験に基づくこの結果が、Nature Medicine に掲載される。この知見は、ワクチン接種完了者や感染から回復した患者では、B.1.1.7変異株に対しては抗体による防御がある程度働くものの、B.1.351変異株への感染リスクには抗体の影響がないことを示している。ただし、ワクチンを2回接種すると、これらの変異株に対する中和抗体応答は増強される。

SARS-CoV-2の新しい変異株は、B.1.351変異株やB.1.1.7変異株を含め、さまざまな国に広がっており、これらに対してワクチンが有効なのかどうか、懸念が高まっている。

O Schwartzたちは、感染性を持つB.1.1.7変異株とB.1.351変異株を感染者から単離し、抗体に対するこれらの変異株の応答を調べた。抗体は、ファイザー社ワクチンの初回接種から6週間以内の19人と、これらの変異株より前に出現したウイルス株への感染・発症後9か月以内のワクチン未接種者58人から採取された。

回復患者由来の抗体は、B.1.1.7変異株を中和できるが、B.1.351変異株に対する効果はこれよりずっと低いことが分かった。中和活性は6分の1に低下し、南アフリカ型変異株に対しては、検体の40%が全く中和活性を示さなかった。ワクチン接種完了者由来の抗体も同様に、B.1.1.7変異株は中和できたが、B.1.351変異株に対する効果は低かった。2回目のワクチン接種後に中和活性は上昇したが、それでもB.1.351変異株に対する活性は、参照用のD614G株の場合に比べると14分の1にすぎなかった。

この研究は、実験室で作られた代理株ではなく、患者由来の真正なウイルス株を使っているという点で、非常に価値がある。著者たちは、これらの知見はさらに研究を進めるための根拠にはなるが、抗体は免疫系のウイルス感染に対する応答の一部にすぎないと述べている。感染細胞を攻撃するT細胞の活性など、免疫系の他の要素が、このような感染力の高い変異株に対してもっと高い交差反応性を持つこともあるかもしれない。

Antibodies from people convalescing from or vaccinated against COVID-19 can neutralize the B.1.1.7 SARS-CoV-2 variant (first identified in the UK), but they may be either unable or less able to neutralize the B.1.351 variant (first identified in South Africa) when compared to the reference strain D614G. The study, based on laboratory experiments, is published in Nature Medicine. The findings indicate that vaccinated and convalescent people have some antibody protection against the B.1.1.7 variant but may still be at risk of infection with the B.1.351 strain. Nevertheless, two doses of the vaccine do boost neutralizing antibody responses to these variants.

New SARS-CoV-2 variants, including the B.1.351 and B.1.1.7 strains, have spread to different countries, which has raised concerns about their ability to evade vaccines.

Olivier Schwartz and colleagues isolated infectious B.1.1.7 and B.1.351 strains from infected people. They then tested the strains’ responses to antibodies collected from 19 vaccinated people up to 6 weeks after the first dose of the Pfizer vaccine, and from 58 unvaccinated people who had been infected with an earlier strain of the virus up to 9 months after symptoms first began.

The authors found that antibodies from convalescent patients were able to neutralize the B.1.1.7 strain, but were much less effective against the B.1.351 strain. There was a six-fold reduction in neutralizing activity, and 40% of the samples lacked any activity at all against the South African strain. Similarly, antibodies from vaccinated people were able to neutralize the B.1.1.7 strain, but had less of an effect against the B.1.351 strain. Although neutralizing activity increased after the second dose of vaccine, it remained 14 times lower against B.1.351 than against the D614G strain.

The study is of particular value because it used authentic viral strains rather than lab-engineered proxies. The authors argue that although the findings warrant further investigation, antibodies are just part of the immune system’s response to infectious viruses. Other elements of the immune system, such as the ability of T cells to attack infected cells, may be more cross-reactive against these faster-spreading variants.

The full paper is available at: https://www.nature.com/articles/s41591-021-01318-5

doi: 10.1038/s41591-021-01318-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度