Research press release

手術台でがんを画像化

Nature Medicine

Imaging tumours at the operating table

がん細胞で盛んに発現されている受容体を蛍光マーカーで標識することにより、卵巣がんを手術の最中にも直接見ることができるとの報告が寄せられている。この方法によれば、医師が、がん細胞の広がり具合を非常に詳しく知ることができる。

がんの手術の際に、どこまでががんか、境界を突き止めるのは普通は簡単ではない。これが制約となって、手術で取り切れなかったがん細胞が再び増殖し、再発につながることが多い。卵巣がん細胞では葉酸受容体が高度に発現されていることから、G van Damたちは葉酸に蛍光標識を結合させ、これを少数の卵巣がん患者の手術中に投与し、がんのリアルタイムでの画像化を試みた。

その結果、この化合物は患者に対しては無害であり、医師ががん細胞を見ることができるため、がんの進行度や広がり、散在の程度が正確につかめることがわかった。患者コホートを大きくしてさらに研究すれば、精度や感度など、この方法の診断上の有用性を、さらに詳しく明らかにするのに役立つだろう。

By labeling a receptor highly expressed by cancer cells with a fluorescent marker, ovarian tumors can be directly visualized during surgery. These results, published online this week in Nature Medicine, could allow physicians to track the spread of cancer cells with remarkable detail.

During cancer surgery, it is not always easy for doctors to determine the borders of the tumour, a limitation that can often result in relapse from the regrowth of cancer cells that were not removed during the operation. As ovarian cancer cells highly express the folate receptor, Gooitzen van Dam and his colleagues coupled folate to a fluorescent label and administered it to a small group of women during ovarian-cancer surgery trying to visualize the tumours in real time during the operation.

The team found that the compound was safe to patients and enabled surgeons to visualize the cancer cells, and precisely determine tumour stage and extent of spread/dispersion. Future studies with larger patient cohorts will help determine in greater detail the diagnostic value of this approach in terms of its accuracy and sensitivity.

doi: 10.1038/nm.2472

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度