Research press release

疫学:がん患者でのCOVID-19の重症度

Nature Medicine

Epidemiology: COVID-19 illness severity in patients with cancer

米国ニューヨーク市にあるがんセンターでCOVID-19に感染していると診断されたがん患者423人のうち、40%が入院し、20%が重度の呼吸器症状を発症し、12%は30日以内に死亡したことが、Nature Medicine に掲載された論文で報じられている。この研究によれば、進行がん、化学療法、最近受けたがん手術は、COVID-19重症化のリスクを上昇させないようだ。だが、免疫チェックポイント阻害免疫療法を受けた患者は、感染による呼吸器系の合併症により入院する確率が高かった。

ニューヨーク州では、2020年4月10日の時点でSARS-CoV-2に感染していると診断された患者9385人が死亡しており、そのうちの8.4%はがん患者だった。これまでに中国とイタリアで行われた研究では、がん患者はCOVID-19による死亡率が高いことが示唆されているが、この2つの病気が互いに及ぼし合う影響や、がんの積極的治療がCOVID-19の症状を悪化させる可能性については、ほとんど明らかになっていない。

M Kambojたちは、2020年3月10日から4月7日の間にニューヨーク市のスローン・ケタリング記念がんセンターでCOVID-19と診断されたがん患者423人について、人口学的特徴と臨床的特徴を報告している。患者の212人が男性、211人が女性で、大多数(56%)は60歳以上だった。患者の多くは、乳がん(20%)、大腸がん(9%)、肺がん(8%)のような固形がんと診断されており、その半数以上(65%)に転移性病変が見られた。血液がんで最も多いのはリンパ腫(11%)だった。患者の59%には、糖尿病、高血圧、慢性腎臓病、心臓病などの持病があり、これらも重症化に関連付けられている。重度の呼吸器症状のある患者は20%で、うち11%は高流量酸素療法を必要とし、9%は人工呼吸器が必要だった。小児は7症例で、症状は軽く、合併症は起こらなかった。

著者たちが突き止めた入院のリスク因子には、血液がんの診断、白人以外の人種、副腎皮質ホルモンの使用、免疫チェックポイント阻害療法などがあり、重篤な呼吸器症状のリスク因子がこれに似ていたが、全く同じではなかった。免疫チェックポイント阻害療法は、重篤な呼吸器症状の独立した予測因子だった。また、転移性病変、最近受けた化学療法、過去30日間に受けた大手術は、入院あるいは重度の呼吸器症状との有意な関連はなかった。

この研究で査定された12%という致命率は、がん患者でのCOVID-19に関するすでに公表された研究での推定値よりも低い。さまざまながんやがん治療法のもとでCOVID-19がもたらすリスクを明らかにするには、もっと患者数を増やした集団での研究が必要であると、著者たちは注意を促している。

40% of 423 patients with cancer at a New York City cancer center diagnosed with COVID-19 were hospitalized, 20% developed severe respiratory illness and 12% died within 30 days, according to a study published in Nature Medicine. The paper suggests that advanced cancer, receipt of chemotherapy and recent cancer surgery might not exacerbate the risk of developing severe COVID-19 symptoms. However, patients treated with checkpoint inhibitor immunotherapy were more likely to be hospitalized with respiratory complications from the infection.

As of 10 April 2020, 9,385 deaths of people diagnosed as being infected with SARS-CoV-2 had been reported in New York State, of which 8.4% were patients with cancer. Previous studies from China and Italy have suggested that there is a higher COVID-19 death rate in patients with cancer, but little is known about the interplay between the two illnesses, or how active cancer treatment might exacerbate the effects of COVID-19.

Mini Kamboj and colleagues describe the demographic and clinical characteristics of 423 patients with cancer and COVID-19 at Memorial Sloan Kettering Cancer Center in New York City from 10 March 2020 to 7 April 2020. 212 patients were male and 211 were female, and most (56%) were over 60 years of age. These patients were more frequently diagnosed with solid tumors, including breast cancer (20%), colorectal cancer (9%) and lung cancer (8%), and over half of these (65%) presented with metastatic disease. Lymphoma was the most common blood cancer (11%). 59% of patients also had pre-existing conditions such as diabetes, hypertension, chronic kidney disease or cardiac disease, which have also been associated with increased illness severity. Of the 20% of patients with severe respiratory illness, 11% required high-flow oxygen and 9% required respirators. There were seven pediatric cases, which were mild and without complications.

The authors identified risk factors for hospitalization, including having a blood-cancer diagnosis, non-white race, corticosteroid use and immune-checkpoint-inhibitor therapy; the risk factors for severe respiratory illness were similar but not identical. Cancer treatment with immune-checkpoint inhibitors was an independent predictor of severe respiratory illness. The study also found that metastatic disease, recent administration of chemotherapy or major surgery within the previous 30 days were not significantly associated with either hospitalization or severe respiratory illness.

The authors’ assessment of a 12% case-fatality rate is lower than other previous estimates from published studies of COVID-19 in patients with cancer. They caution that further research in larger patient populations is needed to identify risks from COVID-19 in various cancers and with different oncologic therapies.

doi: 10.1038/s41591-020-0979-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度