Research press release

医学研究:無症状のCOVID-19患者は免疫応答が弱いのかもしれない

Nature Medicine

Medical research: Asymptomatic patients with COVID-19 may have weaker immune responses

新型コロナウイルスSARS-CoV-2に感染しているのに、COVID-19の症状が全く現れない患者は、ウイルスに対する免疫応答が弱い可能性があるという報告がNature Medicine に寄せられている。この研究では、SARS-CoV-2に感染した無症状の患者37人を臨床と免疫の面から詳しく解析している。

SARS-CoV-2に感染した人のほとんどは、発熱や咳、息切れなどを伴う軽度から重度の呼吸器症状を呈し、症状が現れるのは曝露後2~14日程度である。しかしそれ以外の人は、感染検査では陽性を示すものの、症状がないか、ごく軽微な症状しか現れない。このような患者については、臨床面の詳細がよく分かっていない。

今回、A Huangたちは、2020年4月10日以前にSARS-CoV-2に感染したと診断された、中国重慶市万州区の無症状患者37人を詳しく調べた。この37人は、SARS-CoV-2感染者178人の中から見つかった無症状患者で、女性が22人、男性が15人、年齢は8歳から75歳(年齢の中央値は41歳)である。これらの無症状患者のウイルス排出期間の中央値は19日だが、これに対して症状のある患者37人のグループでは14日であることが分かった。ウイルスが気道から検出できる急性感染期に、無症状患者のグループのウイルス特異的IgG抗体のレベルは、症状のある患者グループに比べて大幅に低かった。退院から8週間後に、無症状の患者では中和抗体レベルが81.1%低下したが、これに対して症状があった患者での低下は62.2%だった。さらに、無症状の患者では炎症促進性と抗炎症性を合わせた18種類のサイトカイン(細胞のシグナル伝達タンパク質)のレベルが低かった。これらの結果は、無症状患者はSARS-CoV-2感染に対する免疫応答が弱い可能性があることを示していると、著者たちは考えている。

また、無症状患者の大部分では、感染から2〜3か月以内にIgG抗体レベルが減少し始めることが、磁気化学発光酵素免疫測定法によって観察された。今回の知見は、COVID-19から回復した患者の中和抗体についてのこれまでの分析結果と共に、「免疫パスポート」の使用にリスクがある可能性を明確に示しており、公衆衛生的介入と広範囲にわたる検査を継続する裏付けとなりそうだ。抗体に基づく免疫が持続する期間をはっきりさせるには、症状のある患者と無症状の患者をもっと多数集めたさらなる研究を急ぐ必要がある。

People who have been infected with the coronavirus SARS-CoV-2 but never develop any symptoms of COVID-19 disease may have a weaker immune response to the virus, suggests a paper published in Nature Medicine this week. The study presents a detailed clinical and immunological analysis of 37 asymptomatic patients infected with SARS-CoV-2.

Most people infected with SARS-CoV-2 experience a mild to severe respiratory illness with symptoms that include fever, cough and shortness of breath, which may appear 2–14 days after exposure. However, others who test positive for the infection either are asymptomatic or experience minor symptoms. The clinical details of such patients are not well understood.

Ai-Long Huang and colleagues studied 37 asymptomatic people diagnosed with SARS-CoV-2 infection from the Wanzhou district, Chongqing, China, before 10 April 2020. Of the 37 asymptomatic patients—identified in a group of 178 people with SARS-CoV-2 infection—22 were female and 15 male, with ages ranging from 8 to 75 years (median age, 41 years). The authors found that these patients had a median duration of viral shedding of 19 days, compared with 14 days in a group of 37 symptomatic patients. Levels of virus-specific IgG antibodies were significantly lower in the asymptomatic group than in the symptomatic group during the acute phase of infection, when the virus could be detected in the respiratory tract. Eight weeks after the patients were discharged from the hospital, levels of neutralizing antibodies decreased in 81.1% of asymptomatic patients, compared with 62.2% of symptomatic patients. In addition, asymptomatic patients had lower levels of 18 pro- and anti-inflammatory cytokines (cell-signaling proteins). This indicates that the asymptomatic patients may have had a weaker immune response to SARS-CoV-2 infection, suggest the authors.

The authors also observed that IgG levels began to diminish within 2–3 months of infection in a large proportion of the asymptomatic patients, which was determined using a magnetic chemiluminescence enzyme immunoassay test. They argue that this finding, along with previous analyses of neutralizing antibodies in patients recovering from COVID-19, highlights the potential risks of using ‘immunity passports’ and supports the continuation of public-health interventions and widespread testing. Additional studies of larger groups of symptomatic and asymptomatic patients are urgently needed to determine the duration of antibody-based immunity.

doi: 10.1038/s41591-020-0965-6

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度